105才吉行あぐり氏 娘和子に「私が死んだ方がいいでしょ」

NEWSポストセブン / 2012年9月16日 7時0分

『おばあちゃんたちの町おこし 裏山の葉っぱで月収200万円』と各種メディアから報じられたのは2005年6月。徳島県・上勝町のおばあちゃんたちのサクセスストーリーが映画『人生、いろどり』となり、公開されている。主演の吉行和子(77才)が現在105才の母・あぐりさんを語る。

 吉行は結婚経験があるが、現在は独身。あぐりさんは、1997年のNHK朝の連続テレビ小説『あぐり』のモデルとして、よく知られている。

「母は今年の7月で105才になりました。同じマンションの別の部屋に暮らしています。さすがに寝たきりになって、ヘルパーさんの手を借りていますが、頭はしっかりしていて、今日も私に“あなたは私が死んだほうがいいと思っているんでしょう”なんて聞いてくるんです。

 私が、“そんなことないわ。死ぬときなんて誰にも決められない、それこそ神様の領域でしょう”と答えたら、“あなたって頭がいいわね。そんな答え方して”なんて言うんです(笑い)」(吉行・以下同)

 老いても精神はかくしゃくとして、こんな会話をどこかで楽しむ母と娘。

 あぐりさんは美容師として働き続けてきた女性なだけに、母娘はお互いに寄りかかることなく、自立して生きてきた。あぐりさんが91才になってからは、母娘ふたりで世界各地を旅するようになったという。初めて間近で母の考え方や行動スタイルを見た吉行は、「なんてさっぱりした、手のかからない人だろう」と自分の母のことを感心した。

 今でも母は、娘の仕事を精いっぱい応援してくれている。本作のロケで長期間家を留守にするときも、「仕事に行ってきます」と伝えると、「いってらっしゃい」と笑顔で送り出してくれたという。仕事をしているのが当たり前のことなので、心細いとも、さびしいとも、そんなそぶりはまったく見せない、毅然とした母なのだ。

※女性セブン2012年9月27日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング