森泉 お盆に夫の実家に帰省せず子供とロサンゼルス旅行

NEWSポストセブン / 2019年8月23日 7時0分

 毎年の出費が負担と語るのは埼玉県の主婦(52才)。

「九州の田舎にある夫の実家に帰省するたび、ご近所や親戚一同に配るお土産代が近所3000円、本家5000円と積み上がり、毎年10万円ほど必要に。納得がいかないのは、血縁でもない義母のお友達にまでお土産を配ること。一度義母に理由を尋ねたら『あなたがいい嫁と思われるよう、私があえてそうしてあげているのに』といかにも不愉快そうな顔で返され、思わず言葉を失いました」

 生活習慣の違いも大きなストレスになる。

「私たち夫婦は完全な夜型生活ですが、夫の実家は毎朝5時起床。帰省した際は義母がつくる朝食を6時半に寝ぼけ眼で食べ、正午きっかりに昼食スタート。普段から1日2食の私は朝と昼に食事をするのはキツイのですが、食べないと義母がものすごく不機嫌に。いつの年か『お昼ご飯はあまり食べられません』と言ったら、『もう何も召し上がらなくて結構!』と冷たくあしらわれて私のお箸やお茶碗を出してもらえなくなり、夜中にコンビニのおにぎりをこっそり食べて凌ぎました」(大阪府・48才デザイナー)

 千葉県の会社員(42才)を苦しめるのは「トイレ」。

「夫の実家にはトイレが1つしかなく、しかもリビングから直接トイレの扉を開けるタイプのため、音やにおいがダダ漏れ。年配の義父母や夫、子供たちは構わずトイレを使いますが、所詮他人である私はそうもいかず、実家滞在中はひたすら尿意や便意をがまんして、皆が寝静まった深夜にこそっと用を足しているんです(笑い)。とはいえ、年配の義父母がいつ起きるかわからず気が抜けないので、毎回便秘になり、帰りの車中でパンパンに張ったお腹をさすって『今年も修行によく耐えたね』と自分を褒めてあげます」

※女性セブン2019年9月5日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング