冷奴10日分味変レシピ、トマトアンチョビや黒蜜きな粉など

NEWSポストセブン / 2019年8月28日 7時0分

絹ごし豆腐を滑らかにして作った「オリーブサーディン」

 たんぱく質が豊富で“畑の肉”ともいわれる大豆で作られた栄養満点の豆腐。健康のためにも毎日食べたいもの。そこで、飽きのこないレシピを10日分を紹介します。

1日目
『ミモザ風』
9等分にカットした絹ごし豆腐に、みじん切りにしたゆで卵2分の1個分をのせ、乾燥パセリ小さじ4分の1をふり、フレンチドレッシング小さじ2をかける。

2日目
『とろろ昆布だし』
絹ごし豆腐に、とろろ昆布適量をのせ、白だし小さじ1???をかける。

3日目
『トマトアンチョビ』
4等分に切ったミニトマト2個とみじん切りにしたアンチョビ1枚分をざっくり和え、軽くつぶした絹ごし豆腐にのせる。最後にオリーブ油小さじ2分の1をかける。

4日目
『梅じそぽん酢』
絹ごし豆腐に、包丁で叩いた梅干しの果肉1個分をのせ、せん切りにした大葉2枚分を飾り、ぽん酢小さじ1をかける。

5日目
『揚げ玉&三つ葉&めんつゆ』
絹ごし豆腐に、1cmの長さにざく切りした三つ葉1本分と揚げ玉大さじ1をのせ、めんつゆ小さじ1をかける。

6日目
『ピリ辛ごまわかめ』
ざく切りにしたわかめ3g(戻したもの)、ごま油小さじ1、ごま小さじ2分の1、豆板?小さじ4分の1を混ぜ合わせ、絹ごし豆腐にかける。

7日目
『黒みつきな粉』
きな粉小さじ1と砂糖小さじ2分の1を混ぜ合わせ、6等分に切った絹ごし豆腐にかける。黒みつ小さじ1をたらす。

8日目
『オリーブサーディン』
作り方
【1】泡だて器ですりつぶし、滑らかにした絹ごし豆腐と粗みじん切りにしたブラックオリーブ4個分、しょうゆ小さじ1を和える。
【2】【1】に、オイルサーディン1枚をのせ、万能ねぎ少量を飾る。

9日目
『杏仁豆腐風』
作り方
【1】器に、9等分に切った絹ごし豆腐とフルーツミックス缶40gを入れる。
【2】【1】に、牛乳4分の1カップを注ぎ、コンデンスミルク大さじ2分の1をかける。

10日目
『オクラ&つくだ煮のり』
塩ゆでしたオクラ1本を小口切りにし、つくだ煮のり小さじ1と和えて絹ごし豆腐にのせる。

撮影/高橋進

※女性セブン2019年9月5日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング