30超の海外都市で香港デモを支援する集会、反対派も登場

NEWSポストセブン / 2019年8月31日 7時0分

香港の混乱は世界へ波及

 香港の「逃亡犯条例」改正案への抗議デモが過激化の様相を呈するなか、海外の30以上の都市でもデモ隊を支援する集会が行われた。その一方で、親中派グループが中国国旗「五星紅旗」を振ったり、中国の国歌「義勇軍行進曲」を演奏して集会参加者を威嚇するなど、香港支援デモを妨害する行動を繰り返している状況もある。

 香港からの移住者が多いカナダのバンクーバーでは、警官隊が出動して親中国派メンバーを逮捕する事態も起きており、駐バンクーバー中国総領事館が「カナダは中国の内政に口を出すな」との声明を出すなど、国際問題化しつつある。香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』が報じた。

 香港では8月18日、雨の中、主催者発表で約170万人が参加する抗議デモが行われたが、ロンドンやニューヨーク、ワシントンなどでも香港支援集会やデモが実施された。

 なかでも、香港移民が多いカナダやオーストラリアでは複数の都市で支援集会が開催される一方で、支援集会に反対する親中国系団体のメンバーが集会に乱入し、小競り合いになり負傷者が出る一幕もあった。

 バンクーバーでは80人以上の支援者が教会で集会を開いていたところ、親中国系団体100人が教会を取り囲み、中国の国旗などを振ったり、国歌を大声で歌うなど教会内の支援者を威嚇し、教会内に乱入する構えを見せた。そこへ、バンクーバー警察署の警官隊が到着し、親中国派メンバーを制止したところ、一部メンバーが警官隊と小競り合いになり、逮捕者も出たという。

 また、カナダのトロントでは香港支援者グループと親中国派グループが衝突し、けが人が多数出たため、警官隊が出動する騒ぎに発展した。オーストラリアのメルボルンやシドニーでも同様の騒ぎが起きており、香港での抗議デモが長期化すれば、海外での両派の確執も拡大するのは必至とみられる。なお、日本でも両派による罵り合いが発生していた。

 これについて、サウス紙は専門家の話として、「中国政府が外務省を通じて、海外の大使館や総領事館に対して、香港支援運動の妨害行動を指示している可能性が高い。また、海外の親中派団体も大使館に取り入って、中国内外での中国関連ビジネスに食い込もうという下心もあり、行動が激化しているのではないか」と報じている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング