1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ

落合氏がWBC監督に野村克也氏を推す背景に野球界特有の論理

NEWSポストセブン / 2012年9月20日 16時0分

 来年開催される野球世界一決定戦・第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。日本代表監督の候補として、現段階で広島元監督の山本浩二氏や、現役ではソフトバンクの秋山幸二監督らの名前などが挙がっているが、そのなかで、一時、本命に挙げられていた落合博満氏は、楽天元監督の野村克也氏を第1候補として推している。落合氏は、9月2日に群馬県・伊勢崎市で開かれた講演会でその理由をこう述べている。

「私なりに、全日本の監督はこの人がなるべきだろうという構想は持っています。1番目は野村さん、2番目は長嶋(茂雄)さん、3番目は王(貞治)さん。

 何でこの順番にしたかというと、野球界は、結構、年の差が微妙に影響してくる。たとえばね、王さんのところに行きました、王さんが断わった。次に、長嶋さんのところに行った、長嶋さんも断わった。野村さんのところに行きました、野村さんは自分でやりたくてしょうがないんだけども、絶対断わるんです。

『なんで王と長嶋のあとに、俺の所に来るんだよ』(会場笑い)。これが野球界。だから、野村、長嶋、王の順番なんです」

 野村氏だけでなく、長嶋氏にも同じことが当てはまるという。

「野村さんと長嶋さんは犬猿の仲ですから。野村さんが断わったら、長嶋さんも絶対断わるんです。『なんで、野村が先で、俺に後に来たんだ。あいつの2番手で、俺がやれるはずがないだろ』。絶対断わります。でも、王さんは『まあまあ、その2人がやらないっていうんだったら、しょうがないかなあ』といって性格的には引き受ける。だから、王さんを3番目にしたんです」

 独特の“ルール”がはびこる野球界だが、はたして日本代表監督となるのは誰か。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング