山田親太朗が「小栗会」で一緒に子供をあやしたアイドルは?

NEWSポストセブン / 2019年9月1日 16時0分

小栗の子供を抱っこする渡邉幸愛と山田親太朗、山田優

 小栗旬(36才)を慕う若手実力派俳優たちが名を連ねる通称「小栗会」。藤原竜也(37才)や綾野剛(37才)など、その数は30人とも40人とも言われている。7月下旬、東京・南青山にある紹介制の高級天ぷら店で開かれた「小栗会」で、義弟の山田親太朗(33才)と女性アイドルの親密ぶりをキャッチした。

 10人ほどが参加したこの夜の会には、アイドルグループ・King & Princeの平野紫耀(22才)や橋本環奈(20才)、さらには西山茉希(33才)らが参加していたことが、女性セブンの取材で明らかになっているが、実はサイドストーリーがあった。

「この日は、米国移住する小栗さんの『お別れ会』も兼ねていて、小栗家と家族ぐるみで付き合っている人たちが集まっていました。奥さんの山田優さん(35才)とお子さんももちろん一緒。親太朗さんはその子供たちをあやしていたようです」(芸能関係者)

 親太朗は、以前テレビ番組で「(小栗夫婦の子供と)仲がいい。ベビーシッターで生きていきたい」と語り、笑いを誘っていたが、子守りを買って出る“いいおじさん”のようだ。しかし、この日、彼の横にはベビーシッターの“相棒”がいた。

 午後8時頃、親太朗は子供2人を連れて店から出てきたのだが、その横には若い女性の姿が。彼女に子供たちも懐いていた。その女性とはSUPER☆GiRLS(通称スパガ)のリーダー渡邉幸愛(こうめ、21才)だった。渡邉は子供を抱き抱えて親太朗と談笑。また店に戻っていった。長丁場のお別れ会に飽きてきた子供たちの気晴らしの相手を2人でしていたのだろうか。

 会が終わり、帰宅する際も親太朗と渡邉は子供たちをあやしていた。そして、そのまま4人で車に乗り込んだ。既に午後9時を回っていたので、2人で子供たちを自宅へと送り届けたのだろう。

 親太朗は沖縄アクターズスクールを経て、高校卒業後に上京。姉の所属事務所にスカウトされ、2006年に「メンズノンノ」などのモデルとして芸能活動をスタートさせた。圧倒的なビジュアルの高さと対象的に、世間知らずなおバカキャラがもてはやされ、一躍人気者に。2010年には3人組ユニット『サーターアンダギー』でCDデビュー、俳優や歌手として活躍している。最近では2016年に『HighsidE(ハイサイド)』というバンドを結成、マルチな活躍を続けている。

 一方の渡邉は、地元仙台でのご当地アイドル活動などを経て、2014年にスパガに加入した。グラビアで見せる物欲しそうな表情は、「かわいすぎる困り顔」のキャッチフレーズで話題に。今年1月にはグループの5代目リーダーに就任した。

 親太朗は姉夫婦の自宅近くにカフェを経営しており、夫婦とは距離が近い。一方の渡邉は、過去にも所属していたグループでもリーダーを歴任。もともと責任感の強いタイプだけに、親太朗との関係も気になるところだ。

「渡邉は小栗家と家族ぐるみの付き合いをしていて、お子さんとも親太朗さんとも仲がいいようです。この日、渡邉は自宅に送ってもらっただけで、特に交際しているとかではないようですよ」(前出・芸能関係者)

 姉夫婦が米国移住し、今後、寂しくなる親太朗に、まだ春は来ないか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング