女性のがんに強い病院ランキング 「患者数」のデータも重要

NEWSポストセブン / 2019年9月6日 7時0分

国立がん研ががんの「5年生存率」を集計したデータを発表(時事通信フォト)

「がん」になるのも人間なら、それを治すのもまた人間だ。近年がんにかかった患者の生存率は飛躍的に上がっているが、それでも「病院選びで、その後が大きく変わる」と言うのは医療ガバナンス研究所の理事長で医師の上昌広さん。

「患者やその家族にとっては、どの病院で治療を受けても、いわゆる受けられる『標準治療』は変わらないわけだから、治療結果も同じように見えるかもしれません。しかし、実は病院によって医療技術のレベルはそれぞれ大きく異なります。当然、医師によっても能力は千差万別です。

 また、がん治療は担当医師1人が行うわけではない。看護師や検査技師、協力する同僚の医師などが連携して治療に当たります。さまざまな治療方針を多角的に検討できるチームワークがあれば、自ずと治療結果にもいい影響があります。一方で、医師同士やスタッフのコミュニケーションがうまくいっていない病院には、なるべくかかりたくないのも道理です」

 8月8日、国立がん研究センターが「病院選び」に大きな影響を与えるデータを発表した。『2009-2010 年5年生存率集計報告書』と題されたレポートだ。

 2009~2010年に、全国のがん治療の拠点病院など277施設でがんと診断された患者約57万人を追跡し、乳がん、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんなど11部位のがんについて、がんの進行度(ステージI~IV)ごとに「5年生存率」を集計したものだ。つまり、病院ごとに発表されたことで、がん治療においてどの病院にかかった患者がどのくらいの生存率であるのかを比較することが可能になったのだ。

 そうしたデータは、患者やその家族の、がん治療に関するデータを幅広く開示すべきだという声の高まりを受け、昨年から発表されており、今年で2度目の公表となった。昨年は251病院だったので、今年はさらに26施設の情報が追加されたことになる。

 同報告書をまとめた国立がん研究センター・がん登録センター長の東尚弘さんはこう話す。

「データをまとめたのは、医療機関にその治療結果を振り返り、参考にしていただくのが主な目的です。進行がんや高齢の患者さんが多い施設では、結果として生存率が下がる傾向があります。ですから直接的に“生存率が高いほど治療技術が高い病院”とはならないことを念頭において、データをご覧いただきたい」

 確かに、糖尿病などほかの病気の合併症があって治療が難しい患者を受け入れる病院は、比較的若くて健康な患者ばかり受け入れている病院よりも生存率が下がることは理解できる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング