純烈が訪れた蔵王温泉、目に鮮やかな湯の色で肌もツルツル

NEWSポストセブン / 2019年9月22日 7時0分

古来から続く名湯を純烈が体験!

 源泉の数が約2万7000以上という世界一の温泉大国“日本”。その効果を存分に活用しないなんてもったいない。不調改善に期待できる山形県蔵王温泉を、医学博士の一石英一郎さんが科学的目線でご紹介。そして、蔵王温泉を訪れたスーパー銭湯アイドル4人組・純烈は、その魅力を語った。

 1900年前から湧いているという歴史ある温泉。『蔵王温泉大露天風呂』は、沈殿した湯花が湯に溶けて白濁した、美しいエメラルドグリーンの湯が特徴。7つの源泉から流れ出す温泉をそのままかけ流しにしているため濃厚な強酸性。「姫の湯と呼ばれ、美白になるともいわれています」(一石さん)

 実際に湯に浸かった純烈メンバーの感想は?

「自然の中で風を感じながら入る湯は、開放感があってすごくリラックスできます。肌もツルツルになりますよ!」(白川裕二郎さん)

「プライベートでも来るほどおすすめの温泉。純烈は地方公演の時に温泉も楽しんでいるので、いつも健康です!」(酒井一圭さん)

「とろみのある湯が肌にまといつく感じが最高! お湯の色もきれいだね。寝湯ができるポイントをみつけました~」(小田井涼平さん)

「目に鮮やかな湯の色や、山の風、硫黄の臭いもして温泉に来たー!って気分になる。紅葉や雪景色も見に来たい!」(後上翔太さん)

 なお、蔵王温泉で人気のお土産は、『湯の花』(500円)。温泉成分が沈殿した天然の入浴剤。家に帰ってからも温泉気分を満喫できる。

【information】
蔵王温泉大露天風呂
住所:山形市蔵王温泉字荒敷853-3 
営業時間:4月中旬~11月中旬 6:00~19:00(最終受付18:30) 
料金:大人550円
アクセス:JR山形駅からバス蔵王温泉行で終点蔵王温泉バスターミナル下車後、徒歩18分

撮影/平林直己

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング