ストロング系酎ハイ、飲み方に気をつけるべきこれだけの理由

NEWSポストセブン / 2019年10月2日 7時0分

 しかし、このコスパのよさが危険を助長しているという意見もある。

◆たった89円で酔える

 ビールのアルコール度数が5%なのに対し、ストロング系酎ハイの主流は9%と高い。それぞれ500ml缶を1本飲んだ時、摂取する純アルコールの量はビールで20g、9%のストロング系酎ハイなら36gとなる。価格にすれば、ビール1本と同じ純アルコール量が、ストロング系酎ハイなら、たった89円で摂取できることになる。

 2017年に放送されたNHK『ニュースウオッチ9』の特集では、9%のストロング系酎ハイ500mlで、テキーラのショット3.75杯分と同量の純アルコール量になると解説され、視聴者を驚かせた。

 久里浜医療センターでアルコール依存症の女性病棟を担当する精神科医・岩原千絵さんが話す。

「女性にとって適度な1日の飲酒量は、純アルコール10~13g。9%のストロング系酎ハイなら、150~170ml程度。摂取するアルコールが1日10g増えるごとに、乳がんリスクは7.1%増え、骨粗しょう症や月経不順、胎児への悪影響も心配されます」

 筋肉量の違いなどの要因から、女性は男性よりアルコールを分解する能力が弱く、男性の半分の量で肝障害を起こすといわれている。しかも、ストロング系酎ハイを好む女性の購入方法には、注意したいある特徴が。

「ストロング系酎ハイを買う時に、男性は500ml缶を1本買ってガツンとした飲みごたえを求める人が多いのに対し、女性はいろいろなフレーバーを楽しむため、350ml缶を2本買う人が多い」(永井さん)

 仮にその2本を1日で飲んだ場合、男性が追加で350mlの缶ビールを1本飲んでも、摂取した純アルコールの量は女性の方が多くなるのだ。岩原さんが続ける。

「当院の調査によると、新規のアルコール依存症の女性患者数は2003年の8万人から、2013年は13万人に増加しました。

 大量の飲酒が習慣になっている人は耐性がついて多少のお酒では酔えなくなるため、強いアルコールを求めます。患者さんにはストロング系酎ハイの愛飲者も多く、その傾向はストロング系酎ハイが一般的に普及してから間もなく表れています」

 全国どこのスーパーやコンビニでも手に入り、安くておいしく、すぐに酔える酒がほかにないことから、SNSでは「飲む福祉」「麻薬」「つらければつらいほどおいしい魔法の水」などと呼ばれ、「ストロングゼロ文学」というインターネット上の流行も生まれている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング