向井理、福山雅治ら 女性受けタレントの共通点は“モテ肌”

NEWSポストセブン / 2012年9月28日 16時0分

「抱かれたい男性芸能人ランキング」(TBS系『クイズ☆タレント名鑑』)「理想の花婿ランキング」(オリコン)「理想の顔は?~男性編~」(gooランキング)など、各種ランキングで1位常連の向井理。その他こうしたランキングで上位に名を連ねる福山雅治、三浦春馬、佐藤健、生田斗真、桜井翔、EXILEのTAKAHIROらの共通点は、「お肌きれい」な男性タレントだ。

 2012年5月11日に発表された花王「メンズビオレ 男の肌チェック!プロジェクト」の「男性スキンケアに関するアンケート調査」によると、20代女性の96.2%が「肌にこだわる男性を魅力的だと思う」と回答。「男性もきれいにしておく時代ですので、きちんとしている男性は魅力的」「(スキンケアをする男性は)女性に対しても、細やかな気配りができるように思う」というコメントが出るなど、今やきれいな肌は女性だけでなく、男性の“モテポイント”でもあることが明らかになった。

 一方同アンケート20代~40代男性156名への調査では、「日々実践しているスキンケア方法は、正しいという自信がありますか」という質問に、「自信がある」1.3%、「やや自信がある」17.3%と、自信を持つ男性が18.6%に対し、「あまり自信がない」69.2%、「自信がない」12.2%と、81.4%の男性が“自信がない”と回答。

「自分の肌質にあったスキンケア方法を理解していますか」でも、「理解している」0.6%、「やや理解している」23.1%で、「あまり理解していない」66.0%、「理解してない」10.3%と、こちらも惨憺たる結果なのだ。

 昔から日本人男性は「清潔感があれば」と、身だしなみ全般にユルく構えているが、「肌がきれい」というのは清潔感の大きなポイントになっているもよう。記者みたいに洗顔してヒゲを剃って、アフターシェーブだけつけて「充分!」なんていうのは、“モテの放棄”ということ?

 男性用コスメを販売するザスインターナショナルの野々下さんは、「女性が恋をすると、きれいになりますよね。それは肌や髪をきれいにする、女性ホルモンの働きがあるからです。一方男性の場合は、同じ状況で男性ホルモンが出る――これは女性を守ろうとする意識からなんですけど、男性ホルモンで体毛やヒゲが濃くなったりと、美容的にはやや逆効果かもしれない働きになるんです」と語る。恋をすると女性はきれいになるのに、男性は汚くなるのか!?

「当社のアイテムは男性向けですけど、女性ホルモンに近いといわれているイソフラボン成分のフラボステロン配合のもので、肌を整える――外から女性の肌がきれいになる成分を与える形ですね。

 あと男性だけではなく女性にも当てはまりますが、肌をきれいに見せたり、清潔感のある印象を与えるのに禁物なのは皮脂、いわゆるテカりです。ZASには大手通販サイトなどで男性メイク部門1位をキープしている『オイルブロッカー』というオリジナルアイテムがあって、ファンデーションと違って色が付きませんし、皮脂を抑えるだけでなく、肌のキメを整えて透明感が出るので、女性のリピーターも多いんです」(野々下さん)

 確かに身ぎれいにしていても、肌がテカるだけで見た目のオジさん度は確実にアップする。肌の凹凸に皮脂の組み合わせは光の乱反射で、キメの細かい女性の肌に比べてテカりが目立ちやすいため、肌質の粗い男性は簡単にオジさん化するというわけだ。

 三浦春馬や佐藤健をイメージすると“若いからなぁ”と思うが、向井理は30歳だし、福山雅治は40代。顔の造作をマネするのは相当ムリがあっても、肌だけだったら……と思っているところで、ふとルックスだけなら記者と同じレベルなのに、合コン勝率の高い友達を思い出す。

「スキンケアとかって、やってる?」と聞いてみると、「やってないの? いや、それダメでしょ」と言われて、“そうか、この差だったのか”と実感。「この秋は“モテ肌”を目指すぞ!」と決意を固めるのだった。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング