1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

88才料理研究家が教える 簡単「かぼちゃの煮もの」のレシピ

NEWSポストセブン / 2012年9月27日 16時0分

 食欲の秋。とにかく、おいしい食材に溢れる秋だが、そのなかでも定番のひとつがかぼちゃ。88才の料理研究家、“ばぁば”こと鈴木登紀子さんが、かぼちゃの煮ものの、簡単な作り方を伝授する。

 * * *
 秋のかぼちゃは、ぜひ味わっていただきたい定番のおふくろの味です。かぼちゃの煮ものといいますと、たいていのかたは食べるのは「大好き」、作るのは「面倒くさい」とおっしゃいます。私はいつも、「あんなに簡単でおいしいものがどうして?」と、不思議に思うのです。

 ばぁばの料理法はいたってシンプル。一気に強火で炊き上げるのがコツです。

 かぼちゃ1/2個(約600g)は、種とわたをきれいに取り除いてひと口大に切り、皮をところどころむきます。できれば面取り(切った野菜の角を薄くそぎ取ること。煮崩れを防ぐ)をなさってください。

 すぐに水に放し、ざるに取ってよく水けを切って鍋に入れ、かぼちゃの角がすこぅし顔を覗かせるぐらい、ひたひたより少なめの水を注ぎます。そこへ砂糖を大さじ6、薄口しょうゆ大さじ1を入れまして、強火で煮始めます(強火、が肝要です。ここは強気でまいりますよ)。

 汁けがだいぶ少なくなりましたら中火にし、最後にもう1度強火にして汁けを飛ばし、即、バットにあけて冷ましてできあがりです。

 簡単でございましょう? 水を入れすぎないこと、弱火にしないこと。すると煮崩れせず、ほくほくとおいしいかぼちゃの煮ものになります。食卓を美しい秋色で彩ってくれますよ。

※女性セブン2012年10月11日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング