FedExのパイロットが中国で拘束 ファーウェイ事件の報復か

NEWSポストセブン / 2019年9月29日 7時0分

ファーウェイ絡みの騒動は終わらない

 米物流大手FedEx(フェデックス)の男性パイロットが中国広東省で、当局によって一時拘束された。すぐに保釈されたものの、捜査が終了するまで中国内に留まらざるを得なくなり、事実上の軟禁状態になっていることが明らかになった。フェデックスについては今年5月、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が日本から中国に送付するつもりだった文書を誤って米国に送ったことから、中国当局の同社への対応が厳しくなっていた。

 また、これ以前に、ファーウェイの孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)が米政府の要請でカナダで逮捕されたこともあり(現在は保釈中)今回のフェデックスのパイロットも孟氏拘束の報復として人質状態に置かれているとの見方が浮上している。香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』が報じた。

 このパイロットは元米空軍大佐で、香港在住のトッド・ホーン氏、9月12日、フェデックスのハブ拠点である広州市の白雲国際空港で、威力の弱いエアガンで使用する非金属性の弾丸がバッグに入っていたことから、身柄を拘束され、取り調べを受けたという。その後、保釈されたが、取り調べが終わるまで、中国領内から出ることを禁じられている。

 フェデックスは米国の物流最大手で、220以上の国と地域をカバーし、海外への書類、小荷物などの宅配便及び重量貨物向けの国際輸送サービスを提供する世界最大の航空貨物輸送会社。中国でのサービスは1984年から行っている。

 昨年来の米中貿易摩擦激化に伴い、中国側の米企業への締め付けが強化されており、今年5月のファーウェイの文書の誤送や、8月にはフェデックスが中国内の会社に配達した小包に銃が入っていたとして福建省当局が捜査に着手。9月には、香港に送られた複数のナイフ入りの小包取り扱いが違法だった疑いがあるとして中国当局がフェデックスの調査を始めるなど、フェデックスをめぐるトラブルが多くなっていた。

 その矢先に、今回の同社パイロット拘束が起きたのだが、米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」は、中国側が米国を代表する同社を標的にして、孟氏逮捕というファーウェイ事件の報復をもくろんでいる可能性もあると報じている。

 この事件で、9月18日の同社の株価は前日比12.5%も下落しており、これは過去10年間で最大の下げ幅となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング