時短料理に大活躍 「めんつゆ」を使った麻婆豆腐他レシピ

NEWSポストセブン / 2019年10月7日 16時0分

さらっとした味つけで麺にかけてもOKの麻婆豆腐

 開封したはいいけど、使いきれずに放置してある調味料はないですか? そんな調味料の代表格でありながら、実は万能なのが「めんつゆ」。そこで、余っためんつゆを生かしたレシピを紹介します。

【めんつゆ】
 しょうゆ、砂糖、塩、かつおや昆布などのだしが入っているため、材料を計って合わせる手間が省ける。和食だけでなく中華料理にも合う。

■麻婆豆腐

●材料
合いびき肉:50g、長ねぎ:10cm、おろしにんにく・おろししょうが:各小さじ2
豆板醤:小さじ2、水:1.5カップ、鶏がらスープの素:大さじ2
めんつゆ:大さじ3、砂糖:小さじ2、サラダ油:大さじ2、
絹ごし豆腐:1丁、水溶き片栗粉:大さじ3(大さじ1の片栗粉に大さじ2の水)、
万能ねぎ:適量、ラー油:適量

●作り方
【1】フライパンにサラダ油を熱し、長ねぎのみじん切り、おろしにんにく、おろししょうがを入れ、香りが出たら、合いびき肉を加えて中火で炒め、肉の色が変わったら、豆板醤を加えて炒め合わせる。
【2】水と鶏がらスープの素を加える。沸騰後アクを取り、めんつゆ、砂糖を入れて混ぜ、一口大に切った豆腐を加える。
【3】グツグツしてきたら水溶き片栗粉を加え、豆腐を潰さないように、とろみが出るまで混ぜる。器に盛り付け、好みでラー油を加え、3~4cm長さに切った万能ねぎをのせる。

■いわしの蒲焼き丼

●作り方
【1】いわしの開き4枚と小麦粉大さじ2をポリ袋に入れ、いわしに粉をまぶす。
【2】フライパンにサラダ油少量を熱し、ししとう6本を入れ塩少量を振り入れ表面が光るまで焼いて皿にあげる。
【3】【2】のフライパンにサラダ油大さじ2を加え、【1】を皮目から焼く。いわしが白っぽくなったら、裏返して約2分焼く。
【4】めんつゆ大さじ3、みりん大さじ2を加え、照りが出るまでからめるように焼く。ご飯を入れた丼に盛り付け【2】を添える。

■ほうれん草ともやしのナムル

●作り方
【1】ほうれん草1束は5cm長さに切り、豆もやし1袋と約2分ゆで、水にさらして水気を切る。
【2】ボウルにごま油・めんつゆ各大さじ2、おろしにんにく小さじ1、いりごま大さじ2を入れて混ぜ、【1】を加えて混ぜ合わせて皿に盛り付ける。
【3】フライパンにごま油大さじ1.5を熱し、薄い千切りにしたにんじん1本分、おろしにんにく小さじ1/2を入れ、にんじんがしんなりするまで中火で3~4分炒め、【2】にのせ、いりごまを振る。

■中華風コーンスープ

●作り方
【1】鍋にクリームコーン1缶を入れ、同量の水を加えて火にかける。沸騰したら鶏がらスープの素とめんつゆ各大さじ2を加え、溶き卵1個を加える。
【2】水溶き片栗粉大さじ3(大さじ1の片栗粉に大さじ2の水)をのの字を書くように加えて混ぜ、火を止めて器に盛り付ける。小口切りにした万能ねぎ適量を散らす。

撮影/市瀬真以

※女性セブン2019年10月17日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング