「ミス東大」候補・林詩遥子さん 元々は東京芸大志望だった

NEWSポストセブン / 2012年10月1日 7時0分

写真

「ミス東大」候補・林詩遥子さん(19歳)

 東大生には可愛い子がいない、というのも今は昔――。昨今は才色兼備、綺麗でオシャレな美女が、駒場や本郷のキャンバスを颯爽と歩く時代なのだ。

 そんな折、11月25日(日)の第63回駒場祭の最終日に行なわれる「ミスコンテスト」。インターネットからの一般投票もできることで話題となっているが、今回はそのファイナリストの一人、文科三類1年の林詩遥子(はやし・しょうこ)さん(19歳)のQ&Aを紹介しよう。

Q:専攻は?
A:世界の戦争や紛争、貧困問題に関心があり、国際関係論を学びたい。

Q:所属サークル
A:東大ピアノ会。ピアニストを目指していた時期があり、いまも自分の気持ちを表現したくなったときに弾いています。

Q:思い出に残っている1冊は? 
A:『スターガール』(ジェリー・スピネッリ著)。アメリカの児童書。平易な物語ですが、異文化への興味が広がりました。

Q:将来の夢
A:国連職員やアナウンサー。貧困の現場や戦場に赴き、メディアを通し伝えたい。

Q:座右の銘
A:「夢に向かって精一杯の努力を」

【プロフィール】
●はやし・しょうこ(19歳):教養学部前期課程文科三類1年。岐阜県出身。身長163cm。O型。1人っ子。東京藝術大学を志望していたものの、国際関係の仕事に就きたいと進路を変更。県立岐阜高校から現役合格。父は京大卒で技術研究職。

撮影■渡辺達生

※週刊ポスト2012年10月12日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング