ラグビー代表、海外にルーツを持つ選手達と一体になるまで

NEWSポストセブン / 2019年10月10日 7時0分

トンプソンルーク(196cm)と田中史朗(166cm)の身長差は30cm(写真/アフロ)

 試合前の整列。スタジアムに「君が代」が流れると、桜のジャージの外国人選手たちが斉唱を始めた。目に涙を溜める選手もいる。日本を背負って戦う責任感と武者震い──。彼らはなぜラグビー日本代表を選んだのか。日の丸の勝利のために戦うのか。ノンフィクションライターの山川徹氏が、彼らの想いと足跡を追った。

 * * *
 ラグビー日本代表のチームワークを象徴するシーンだった。日本代表12番の中村亮土(28才)が、アイルランド10番の突進を突き刺さるような低いタックルで食い止める。次の瞬間、日本代表4番のトンプソンルーク(38才)が、ボールを奪おうと高めのタックルを浴びせ、相手を仰向けに倒す──。

 9月28日、ラグビーワールドカップ(以下、W杯)の日本対アイルランドの一戦。日本中を沸かせたジャイアントキリング(大番狂わせ)の一因が、繰り返されたダブルタックルだった。アイルランド代表に比べ、小柄な日本代表は1対1では当たり負けしてしまう。そこで必ず2人でタックルに行く戦術をとっていたのである。

 それが見事に決まったのが冒頭のプレーだ。6対12のアイルランドのリードで迎えた前半34分。中村とトンプソンのダブルタックルにより、日本はゲームの流れを引き寄せる。その後のスクラムで奪い取ったペナルティーと、直後のペナルティーゴールを糸口に、日本は反撃に転じた。

 前半を9対12で折り返した日本は、後半18分に逆転のトライ。さらに4本目となるペナルティーゴールで19対12と突き放し、勝利を奪った。世界ランキング2位の優勝候補から奪った大金星は、日本だけではなく、世界中のファンを驚かせた。さらに10月5日のサモア戦も38対19で勝利。日本としてはW杯ではじめて3連勝を挙げて、史上初のベスト8進出に弾みをつけた。

 中村とトンプソンのダブルタックル。そして、韓国、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、そして日本にルーツを持つ8人の選手が一塊になって、アイルランドを押し込んだスクラム。何よりも、そうした多様な背景を持つ選手たちが、ひとつになって果敢に戦う日本代表のプレーが、国境を超えてファンの心を掴んだのである。

◆合宿中に「君が代」の練習を続けてきた

 キャプテンとして代表を率いるのが、リーチマイケル(31才)である。ニュージーランド出身の彼は、日本代表になった動機をこう振り返る。

「高校時代に日本に留学してから、ぼくは日本人選手と練習したり、試合したりして、選手としても、人間としても成長できました。でも、海外では日本のラグビーを下に見る人が多いでしょう。それが悔しかった。日本代表の強さを世界に知ってもらいたいと考えるようになりました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング