とんねるず、久米宏…、懐かし映像がモザイク処理される謎

NEWSポストセブン / 2019年10月14日 16時0分

懐かし映像満載の番組だったが…(『歌のゴールデンヒット』HPより)

 懐かし映像にモザイクが掛かるのはどうしてなのか――。10月7日、『歌のゴールデンヒット』(TBS系)が放送された。約4時間にわたって、男性歌手の歴代シングル総売上枚数ベスト100(オリコン調べ)が発表され、100位から順にヒット曲の歌唱映像がオンエアされた。その中で、51位のとんねるずは2人のイラスト写真とともに『ガラガラヘビがやってくる』が数秒流れただけだった。テレビ局関係者が話す。

「とんねるずの事務所は肖像権に厳しいですからね。過去の番組をまとめたDVDも、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の関連作品がいくつか発売されているくらい。過去の映像もほとんどテレビで流れません」(以下同)

『歌のゴールデンヒット』では、昭和の大人気歌番組『ザ・ベストテン』の貴重映像も多数放送された。しかし、アルフィーがファンの家の前で歌う際、ワイプで初代男性司会者の久米宏、黒柳徹子らしき2人の姿が映ったものの、モザイクが掛かっていた。どうしてなのか。

「過去の例からして、徹子さんが『ザ・ベストテン』の映像にNGを出すことは考えづらいのですが、久米さんの事務所が肖像権に厳しいんです。他の番組では、基本的に昔の映像にOKを出すことはほぼない。『ザ・ベストテン』出演映像をまとめたチェッカーズのDVDが発売されていますが、久米さんは声が入っているのに顔は一切出てきません。同じ『ザ・ベストテン』の山口百恵や中森明菜のDVDには久米さんが映っています。こちらの方が例外なんでしょうけど、これだとチェッカーズのファンは納得しないでしょう。黒柳さんの姿はちゃんと出てきます」

 テレビやDVDで過去の映像を使用する場合、事務所に許可を取る必要がある。

「昔は過去の映像でもテレビ局が勝手に流していましたが、今は無理です。事務所に連絡して許諾を得ます。事務所を辞めていたら、どこに権利があるかによりますね。ただ、移籍や独立と同時に、タレント側に権利を渡しているケースはほんとんどないと思います。その場合は元の事務所の許可が出るかどうかです」

 動画サイトが誕生して以降、2度と見られないと思われていた1970年代や1980年代の懐かしい映像もネットで検索すれば出てくるようになっている。

「それらは違法であり、アップロードしてはいけないものですが、この流れは止まらないでしょう。現実問題として、ネットで検索すれば昔の映像が簡単に見られるのに、テレビではモザイク処理をしなければいけない。テレビ局としては悩ましい所です。

 善悪の問題はとりあえず置いといて、そういう時代になってしまったのですから、肖像権に厳格な事務所も少し方針を変えてもいいのではないかと思います。全てにOKを出す必要もないですが、ケースバイケースで柔軟に対応してもいいのでは。だって、『ザ・ベストテン』で久米さんの顔にモザイクが掛かっても、誰が見ても久米さんって分かりますし、違和感が残るだけ。番組だけでなく、久米さんも損をしていると思います」

 変化する時代とともに、芸能事務所の肖像権に対しての姿勢も軟化することはあるのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング