上田桃子、指原をドン引きさせた元バスケ選手と来年結婚へ

NEWSポストセブン / 2019年10月16日 16時0分

Aさんとタワーマンションに入っていく上田桃子選手

 黒のホットパンツにパーカ姿の女性が歩いている。傍らには肩に手を回し、優しい表情で女性の顔を覗き込む長身のイケメン男性。午後11時過ぎ、ふたりは都心の真ん中に建つタワーマンションに入っていった。健康的な小麦色の太ももが目を引くこの女性は、「桃尻桃子」の愛称で人気の女子ゴルファー・上田桃子選手(33才)だ。

「上田選手はこの男性と交際中で、同じマンションの別々の部屋に住んでいます。今年7月には男性が上田選手の両親に挨拶し、来年の結婚が決まっていると聞いています」(上田選手の知人)

 上田選手は2005年に19才でプロテストに合格すると、2007年には全米女子ツアーを初制覇して賞金女王に輝いた。今年もツアー2勝を挙げて存在感を示している。そんな上田選手を射止めたのは、どんな男性なのか。

「実業団に所属する32才の元バスケットボール選手のAさんです。父親は会社社長のお金持ちで当然モテモテですが、上田さんにぞっこんで、彼女を追って同じマンションに引っ越してきたとか。今年4月には『FRIDAY』にツーショット写真を撮られました」(芸能関係者)

 この時は、「一般男性」と書かれていたが、実はAさん、以前出演したインターネットテレビ番組での発言が、物議をかもした過去を持つ。2018年4月3日放送の『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)で、オフの日に「確実に女の子を持ち帰る」テクニックを披露した時のこと。

「最初は真面目な人間だと思わせるために“彼女がいるから、2人ではあまり会いたくない”と嘘をつき、次に会う日までに“彼女とうまくいっていない”“束縛が激しい”などと、嘘の相談を女性に持ちかける。そしてデートの当日に“彼女に浮気された”と嘘を重ねる。すると女性が“大変だったね”と同情して心を許してくれる。この方法で“毎回持ち帰れるようになった”と披露したんです。番組用のサービストークだったのかもしれませんが、それを聞いていた指原さんは、凍りついた表情でドン引きしていました」(テレビ局関係者)

 ふたりが足早に歩いていたこの日は、台風19号が関東を直撃した翌日の10月13日。上田選手が出場したスタンレー・レディースの最終日で、49位と納得のいかない結果を残した日の夜だった。

「会場の静岡から戻った上田選手を気にかけて、彼が食事に誘ったようです。昔はチャラチャラしていましたが、今は違います。上田選手も信頼していて、結婚の気持ちも揺らいでいないでしょう」(前出・上田選手の知人)

 上田選手の所属事務所に聞くと、「引き続き、親しくさせていただいていると聞いています」とのこと。人生のキャディー(夫)を見つけたか。

※女性セブン2019年10月31日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング