乃木坂46井上小百合、役者までの道と当初感じたアウェー感

NEWSポストセブン / 2019年10月18日 7時0分

フラダンスに挑戦している井上小百合(撮影/平野哲郎)

 乃木坂46の井上小百合(24才)が、舞台『フラガール-dance for smile-』(10月18日~)で主演を務める。グループ卒業を発表したばかりの彼女に密着した。

◆こんなワタシでも人を笑顔にできるんだ

 NHK紅白歌合戦に4年連続出場、いまや国民的アイドルグループにまで成長した「乃木坂46」。そのメンバーのひとり、井上小百合が10月5日に卒業を発表した。彼女は1994年12月14日、埼玉県で生まれた。小さな頃から体が弱く、入退院を繰り返している時に、病室でラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(エフエム東京)を聴くようになった。

「普通であれば、お友達と外で遊んだりするじゃないですか。でも私にはそういう青春時代がなかったので、自分にとっての娯楽がラジオだったんです。ラジオを聴いているだけで私は笑顔になれました。中学3年生の時、ラジオ番組の企画でモデルオーディションを開催することを知り、応募してみました」

 結果は合格。芸能界にまったく興味がなかった彼女が、その合格をきっかけに華やかな世界に憧れを持った自分と出会った。その後、アイドルのオーディションを勧められ、そこで大きな転機を迎えた。

「役者になりたいという目標があって、アイドルになるつもりはありませんでした。オーディションにも渋々行ったんですけど、そこで初めて私にファンができたんです。手紙をもらったりして、自分は誰かのためになっているのかもしれない、こんな私でも人を笑顔にすることができるんだと思うようになりました。最初はなるつもりもなかったアイドルが実はなんてすばらしい職業なんだろうって感動して。

 それをきっかけに乃木坂46のオーディションを受けることにしたんです。アイドルとしていろいろな人を笑顔にしていきながら、役者を目指した方が自分に合っているのかなって思うようになりました」

 2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格。2012年2月22日、1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビューを果たした。その後、メンバーのひとりとして、グループを支え続けた。2014年4月。彼女に大きな仕事が舞い込む。PARCO劇場で上演される舞台『學蘭歌劇 帝一の國』の白鳥美美子役にキャスティングされたのだ。

「いままで乃木坂46としてしか舞台に立ったことがなくて。必ず客席にはファンという存在がいたので、そのとき初めてアウェー感を経験したんです。私以外のキャストは全員男性。舞台に立ったら、360度女性のお客さんたちばかりで、演技をしてもまったく反応してくれなくて。一生懸命、楽しくやるんですけど、白い目で見られるというか。当時、乃木坂46というグループはまだ知られていなかったんですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング