メール誤爆の対処方法 1に言い訳、2に謝罪、3に「肯定」

NEWSポストセブン / 2012年10月2日 16時0分

「世界一の歯車へ」を標榜するUst番組「ザ・サラリーマン」。
その構成を務めるDJサエキング氏には、全国から「サラリーマン道」を極めようと思う者達から様々な相談が届く。
今回の相談者は、リース会社に勤めるFさん(女性、33歳)からだ。

***
■Fさんからの質問

私は、ある中堅リース会社の本社で社長秘書をやっています。
うちの社長は、とにかく声が小さく、全社朝礼でもマイクのボリュームを最大にしても拾えないほど。
この前、親しい同期社員に、『あの落下傘社長の声の小ささには本当に参るわ、気も小さいし…』と、メールで愚痴ったのですが、なんと社長宛に送信した事が発覚。
翌日社長からの嫌味と叱責は、おして知るべし…。終わった事なので、相談というよりも私の気を紛らして欲しいです!!

■サエキング氏の回答
うわあ、やっちゃいましたね。メール誤爆。

特に最近では、会社でもでGmailを導入するところが増え、キーワードだけで簡単に複数のアドレスが表示できるので、宛先選択を誤って同姓異社(※造語です)の方への誤爆が増えていますね~。「T」だけ入力すると、自動で候補をあげてくれる機能も危険です。うっかり「アッ違うタカシさんだった!」なんていう経験、私もありますよ…。

さて、気を紛らわす事ができるか分かりませんが、私の会社の後輩(女性)の話です。

社内恋愛で4年も続くカップルだったのですが、彼女は彼氏の浮気に感づきます。休日に彼氏を呼び出し、問いただすも、彼氏はメールいじりをしながら、知らばっくれるだけ。
しかしここから誤爆事件が発生します。
尋問中の彼女に目の前の彼氏から1通のメールが届きます。

「今、友達と飯食ってます。もうすぐ終わるから、後で電話するね。
 今日泊りに行っていい?」

気丈な彼女は

「あんた泊まりに行くなら、私と別れて行きいや。
飯だけでなく、関係も終わらしたるわ」

と受信メールを彼の目の前に見せつけて、店を後にしました。
彼の心境は押してしるべしですが、しかし、なんて素敵な女性なのでしょう。
彼氏からすれば、実は渡りに舟だったかもしれませんけれどね。
 
話は変わりますが、メール誤爆でも大事なのは、“失敗の対応を失敗しない”事です。自身の経験ですが、肯定して成功したケースと失敗したケースを告白します。

私も以前、会議開催にあたり反対派を抑え込むための“会議のシナリオ”メールを他の複数の同志に送ろうとし、なんと反対派のメンバーの一人に送ってしまった事がありました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング