くも膜下出血から1年 驚きの速さで回復見せるglobe・KEIKO

NEWSポストセブン / 2012年10月5日 7時0分

<まだまだだけど、少しでも、早く私の歌を、聞いてもらいたい…>

 リハビリ生活を続ける歌手・KEIKO(40才)がツイッターでつぶやいたこの言葉は、彼女の大きな“変化”を表していた。

 夫の小室哲哉(53才)が、globeの活動再開を明かしたのは、9月24日のこと。当面はマーク・パンサー(42才)との2人だけの活動だが、<globeのともしびを消さぬようKEIKOが元気になるまで活動しようってことになりそうです>と、ツイッターに思いを綴った。

 KEIKOがくも膜下出血に倒れ、救急車で運ばれたのは今から約1年前の昨年10月のことだった。6時間に及ぶ緊急手術は成功したものの、異変は意識が回復してすぐに表れた。後遺症による記憶障害を発症したのだ。

「最初のころは自分が歌手だったことも覚えていないようでした。直近の記憶をどんどん失っていき、例えば、小室さんの名前は紙に書くことができても、直後には書いたこと自体を忘れてしまうような状態だったんです」(小室の知人)

 くも膜下出血とは、脳内にある『くも膜』という髄膜の下にある血管が切れることで起こるもの。その後遺症について、医師で医療ジャーナリストの森田豊さんはこう話す。

「出血した脳血管の部位によって症状はさまざまで、手足の麻痺から失語症、記憶喪失、さらには感情の起伏が異常に激しくなったりと、障害は心身の両面に及びます」

 KEIKOに徐々に変化が表れ始めたのは、この5月のこと。ツイッターに、<TMの、新曲、サビは、なんとかくちずさめてる>と投稿したのだ、続いて8月には、<音楽番組を、久しぶりに、真剣に観る事が、できてうれしいです>など、音楽への興味を再び持ち始めたのだ。

 そして8月17日の自身の誕生日前日には、冒頭のように思いを綴るまでとなった。小室がglobeの活動再開を決意したのも、そんなKEIKOの姿に触発されてのことだったのかもしれない。

「くも膜下出血は、完治して社会復帰できる患者が3分の1程度という予後の悪い病気なんです。回復のスピードもケースバイケースで、10年たっても完治しない人もいるなかで、KEIKOさんの回復は驚きの速さです」(前出・森田さん)

※女性セブン2012年10月18日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング