高須院長 勝手に小沢一郎代表の好感度UPシミュレーション

NEWSポストセブン / 2012年10月6日 7時0分

写真

高須院長が小沢代表の好感度UPシミュレーション

“美のスペシャリスト”として知られ、芸能界から政財界、スポーツ界まで幅広い交友関係をもつ高須クリニックの高須克弥院長。ツイッターでは、趣味から流行、時事問題に至るまで、幅広いテーマをツイートし「かっちゃん」の愛称で人気者だ。当サイトのシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」では、高須院長がご意見番として世の中のさまざまな話題に縦横無尽に提言をしていく。第3回目は、来たるべき政界再編を前に、キーマンたちの“顔”を大分析。「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の好感度UPシミュレーションも敢行した!

 * * *
──いよいよ政界再編の機運が高まりつつありますが、自民党の安倍総裁を初め、野田首相、小沢一郎代表や、橋下徹大阪市長がキーマンになると思います。橋下市長は人気もありますが、野田首相と小沢代表は正直イマイチという印象ですよね。美容整形医の立場からすると、野田首相と小沢代表はどうすれば人気UPに繋がりますか?

高須:人間の顔ってのは、年を取るといろんな部分がどんどん下がってくるんだよ。まぶたも下がるし、頬も下がる。小沢さんも野田さんも、まったくそのパターンだね。で、この2人が国民に人気が出るようにするのはすごく簡単だよ。(整形手術前の高須院長本人の写真を取り出して)この人と同じように変えればいいんだもん。(野田首相、小沢代表、整形前の高須院長の写真を比べて)ほら、3人兄弟みたいでしょ(笑い)。3人とも、眉毛が下がって、下瞼が膨らんで、生え際が後退して、こめかみが引っ込んで、ほっぺたがたるんで、二重あごになってる。まったく一緒だよ。

──野田首相も小沢代表も、高須院長と同じ手術をすればいい、と。

高須:そうそう。具体的には、おでこを引き上げる、まぶたを引き上げる、下瞼の脂肪を取って引き上げる、ほっぺたのたるみを取る、二重あごを直して引き上げる、これだけやれば、本当に若返った顔になりますよ。さらに言えば、肌のシミを取ってキレイにしてあげると、もっと若々しい印象になるね。(整形手術後の高須院長の写真を見せながら)そうやって顔の仕立直しをしてあげれば、すぐにこうなりますよ。

──どれくらいの期間がかかるんですか?

高須:手術自体は1日。1週間もあれば、普通の生活に戻れるよ。そういえば、実は、去年新幹線に乗ってたら、小沢さんが前の座席に座ってたんだよね。それで「こういう手術したら若返って人気出ますよ、やりませんか?」って話しかけようと思ったんだけど、強そうなSP2人がしっかりガードしててさあ。ちょっと近寄ろうとしたら、すごい勢いで睨まれちゃって、話しかけられなかったよ(笑い)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング