高田万由子、夫・葉加瀬太郎の天才後輩と2人で高級寿司

NEWSポストセブン / 2019年11月7日 7時0分

葉加瀬の後輩バイオリニストと高級寿司で食事をした高田万由子

 東京・西麻布の裏路地にたたずむ客単価3万円は軽く超える高級寿司店。10月下旬の夜、この店で、寿司に舌鼓を打つカップルがいた。

 女性はタレントの高田万由子(48才)。となれば、店から出てきた彼女の隣に寄り添う男性は、バイオリニストの夫・葉加瀬太郎(51才)──かと思いきや、そうではない。黒いハットをかぶったその男性は、つぶらな瞳こそ葉加瀬に似ているが、葉加瀬よりも確実に若い。

 高田の横を独占するこの男は、アーティストの竜馬(35才)。葉加瀬と同じバイオリニストだ。

「竜馬さんは、『竜馬四重奏』というカルテットのメンバー。『日本人らしいエンターテインメントを作りたい』という竜馬さんの思いのもと結成されたユニットで、バイオリン以外は津軽三味線、篠笛、鼓などの日本の伝統的な楽器で構成されています。国内外で積極的にライブを行っており、今年夏にはニューヨークでのライブを成功させました。現在は報道番組『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)のテーマ曲も担当しています」(レコード会社関係者)

 竜馬は、学生時代からプロのバイオリニストとして活動し、劇団四季のミュージカルや著名アーティストのライブ、『海猿』などの映画をはじめ、300本以上の作品やコンサートに参加してきた。若い頃から活躍してきた天才バイオリニストという点は葉加瀬と共通している。しかも竜馬は、葉加瀬が業務提携している芸能事務所に所属している。いわば、葉加瀬の“後輩”ともいえる存在なのだ。

 葉加瀬はその日、コンサートで岩手県の盛岡市へ。夫の留守中に、高田はデートを楽しんでいたということなのか…。

「葉加瀬さんはコンサートなどで年の半分は家にいない状態なので、夫婦は最近ほとんど顔を合わせていないんですよ。会話もあまりないとか」(芸能関係者)

 2007年からイギリスに移住した一家。現在子供たちは成長して、20才となった娘はイギリスの大学に通い、13才の息子は中学校に通っている。

「高田さんはこれまで日本とイギリスを行き来する生活を続けていましたが、子育てがひと段落して仕事を増やしていくそうです。9月には娘さんと一緒に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演しました。今後は日本を拠点にやっていくそうです」(テレビ局関係者)

 

 冒頭の場面に戻ろう。店を出た高田と竜馬は並んで歩く。そして、竜馬は高田に深々とお辞儀をすると、両手で握手を交わして別れた。

「さすがに男女の仲ではないと思いますよ。その日は、竜馬さんが高田さんにお仕事の相談をしていたようです。高田さんは、竜馬さんの才能を高く買っているので、話を聞いてあげたのでしょう。高田さんも葉加瀬さんも、お互い自由に私生活を楽しんでいる感じ。

 とはいえ、夫の後輩と、夫抜きで食事に行くと、中には勘違いする人がいるかも…葉加瀬さんとしては女友達と食事を楽しむこともあるそうですから、強くは言えないんでしょうね」(前出・芸能関係者)

 高田の才能を見る目は確か。竜馬も飛躍するか。

※女性セブン2019年11月21日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング