LED時代にパナソニックが「白熱電球」にこだわり続けた理由

NEWSポストセブン / 2012年10月13日 7時0分

「世の中は、電気の時世になった」

 そう嘆きながら、石を投げてはランプを次々と割っていくランプ屋の哀愁を描いたのは童話作家・新美南吉だ。明治維新の開国によって西洋から輸入された石油ランプは白熱電球に取って代わられた。その背景には電気の一般普及があった。

 では時代変わって、この度の白熱電球生産終了が意味するものは何だろうか。

 表向きは東日本大震災後の節電要請である。LED電球の省エネ効果は高く、白熱電球の2割以下の消費電力で寿命も約40倍。価格こそ高いが、参入メーカーも相次いでおり、価格競争も進んでいる。LED電球への切り替えは、いわば時代の要請だった。1936年以来白熱電球を製造し続けてきたパナソニックも10月末に生産を終了させる。だがパナソニック関係者は、「我が社にとって簡単な決断ではなかった」という。

 実は電球の切り替え要請は、震災前の2007年から呼びかけられていた。パナソニック(※2008年までの社名は松下電器)とシェア争いをしてきた東芝や三菱電機は生産を既に終了させている。

「白熱電球はパナソニックにとって単なる一商品ではない。創業者・松下幸之助の志を体現する商品なのです。幸之助イズムを絶やさないためにも、生産を続けたかった」(同社関係者)

 話は1933年に遡る。同社は創業15年目。二股ソケットなどのヒット商品を世に送り出していたものの、勢いのあるベンチャー企業の一つに過ぎなかった。そんな折に競合他社のひしめく白熱電球市場に参入したことが、躍進のきっかけとなった。松下幸之助が思案したのは価格設定についてだった。経済ジャーナリスト・片山修氏の解説。

「当時の電球には品質のレベルで一流から四流まであった。一流は東芝のマツダランプで定価が35銭。そして、二流25銭、三流15銭、四流10銭。松下幸之助は迷ったあげく、35銭で販売することを決めたんです」

 周囲からは反発を受けた。問屋衆から松下電器の商品の機能性を鑑みて提示されたのは25銭。が、松下幸之助は力強く訴えた。

「松下電器を育ててやろうという気があるならやはり35銭で売ってほしい。売ってやるという人がいなければメーカーは育ちません」

 再び片山氏が語った。

「松下幸之助は1927年に『ナショナル』ブランドを採用するなど早くからブランド戦略に取り組んでいた。ブランドを安売りしたくなかったんでしょう。長期的にみればブランドの“信用”が価格を上回ることを自覚していた」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング