藤子Aがデビューから藤子Fとの別れまでを振り返った半生記

NEWSポストセブン / 2012年10月14日 7時0分

【書籍紹介】『78歳 いまだまんが道を…』(藤子不二雄A/中央公論新社/1575円)

〈漫画家をやめようと思ったことは、一度もありません。やめさせられるんじゃないか、と思ったことはありましたけど〉と、高校3年生でプロデビュー、その後手塚治虫のもとで漫画を描き、いまも描き続ける著者が自身の漫画人生を振り返った半生記。

 永くコンビを組んだ藤本弘との出会いと別れ、思い出のトキワ荘でのできごと、「オバQ」誕生秘話、映画『少年時代』の製作の背景など、その記述からは、前向きで純粋な生き方が伝わる。

※週刊ポスト2012年10月19日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング