あびる優 小林可夢偉入賞で“恋人の運気下げる”との噂払拭

NEWSポストセブン / 2012年10月14日 7時0分

<今日は忘れられない幸せな日になりました>

 10月7日、自身のブログでこう綴ったあびる優(26才)。

 この日、あびるの恋人であるF1レーサー・小林可夢偉(26才)が、鈴鹿サーキットで行われた日本GPで自己最高の3位に入賞し、初めて表彰台に上ったのだ。あびるが現地まで応援に行ったレースで、入賞後に車体の違反で失格になるなど、昨年からの小林は不運が続いていた。こうした状況に、インターネット上では、

<恋人の持つ運気の差>

<見事なさげまん>

 など、心ない声も多かった。

 過去にはJYJのジェジュン(26才)や、DA PUMPのISSA(33才)など、「交際が噂された男性が表舞台から消えていく」とまで囁かれたこともあったあびる。

 そんな不名誉な噂を吹き飛ばす小林の入賞には喜びもひとしおだったことだろう。

 そもそも、不調だった小林の復活劇の裏にあったのは、あびるの献身だった。

「あびるさんは、実はすごく尽くすタイプ。去年の11月に黒木メイサさん(24才)と小林さんの“略奪愛”が報じられてふたりの仲がギクシャクした時期があったんですが、“彼を信じる”といって、小林さんの自宅で、海外レースを戦う彼の帰りを待ち続けたんです」(あびるの知人)

 そんな彼女の愛に胸を打たれた小林は、すぐにあびるの元に戻ることになる。

「今では海外まで同行することも多く、料理はいつも彼女が作るなど小林さんの健康管理もしっかりやっているそうです」(前出・あびるの知人)

※女性セブン2012年10月25日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング