不甲斐ない大相撲上位陣、北の富士に酷評された白鵬に衰えも

NEWSポストセブン / 2019年11月18日 7時0分

ここ数年は休場も多い白鵬(時事通信フォト)

 九州場所は初日の「結びの一番」が、いきなり横綱の不戦敗という“波乱”で幕を開けた。東の正横綱・鶴竜(34)が、当日になって休場を決めたからだ。

「初日から休場する力士は本来、その2日前となる金曜午前中までに届け出る必要がある。それを過ぎると取組編成会議で初日と2日目の対戦相手が決まってしまい、2日目については割り返し(取組の再編)が必要になって大変な手間がかかるのです。今回、鶴竜は初日に小結・朝乃山(25)、2日目に隠岐の海(前頭筆頭、34)といずれも過去に金星を献上しているガチンコ力士と組まれていた。腰のケガがあるとはいえ、“敵前逃亡”と思われても仕方がない」(担当記者)

 鶴竜が所属していた井筒部屋では、先場所中に井筒親方(元関脇・逆鉾)が急逝したため、力士たちは場所後に陸奥部屋へ移籍している。

「もともと陸奥部屋にいた力士と元井筒部屋の力士によるトラブルを恐れてか、陸奥親方(元大関・霧島)の指導は遠慮がちで、鶴竜も部屋の居心地が悪いのか、福岡入りしてからは出稽古ばかりだった。親方は出場できるか、鶴竜の状態の確認もままならなかったようだ」(協会関係者)

 また、初日の小結・遠藤(29)との取組で負傷した大関・豪栄道(33)も翌日から休場。来年初場所は大関在位32場所で実に9回目となるカド番で迎える。歴代3位という不名誉な記録である。

 さらに、2日目は「関脇以上の5人が全員黒星」という事態まで起きた。

 横綱・白鵬(34)は平幕の大栄翔(前頭筆頭、26)に一方的に押し出され、衰えを感じさせる取組だった。翌日のスポーツ紙では元横綱・北の富士勝昭氏が〈私の予想より急速に落ちている〉と酷評している。

「白鵬は横審から立ち合いの張り差しやカチ上げを批判されて控えていたが、大栄翔やその翌日の朝乃山との取組では、“解禁”している。ガチンコ力士相手には、カチ上げでもしないと勝てないほどに力が衰えているということでしょう。

 両横綱とも休場が多いにもかかわらず、2018年初場所から2年間で白鵬が与えた金星は6個。鶴竜にいたっては12個もある(9月場所終了時点)。それだけ、幕内上位に実力派のガチンコ力士がひしめいているということだ」(若手親方)

 横綱や大関を脅かすガチンコ平幕たちが、土俵を沸かせているのである。

※週刊ポスト2019年11月29日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング