眞子さまの結婚問題 来年2月に「再延期」発表が濃厚か

NEWSポストセブン / 2019年12月8日 7時0分

小室さんと今も連絡を取っているという眞子さま。結婚の行方は…(写真/JMPA)

 11月30日、秋篠宮さまが54才の誕生日を迎えられ、記者会見を開かれた。注目される長女・眞子さま(28才)と小室圭さん(28才)との結婚については、《結婚の見通し、これについては私が昨年お話ししたことと変わっておりません。(中略)昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております》と話された。

◆「結婚を認めない」とは言われていない

 そもそも、昨年の誕生日会見では《2、3か月に一度くらい》あるとしていた小室さん側からの連絡が、今年は《小室家とは連絡は私は取っておりません》と明かしていることからも、両家の関係が悪化しているのは明らかだろう。

 秋篠宮さまがおふたりに言い渡された、何らかの発表をする「来年2月」というタイムリミット。その投げかけに呼応して、どのような発表がされるのだろうか。

「選択肢としては、結婚をされる発表、取りやめる発表、そして再延期する発表の3つが考えられます。

 そもそも、結婚延期の際におふたりが発表された理由は“充分な準備をする時間的余裕がない”というものでした。小室さんが現在、アメリカの大学で学ぶカリキュラムは再来年春まで続き、卒業後の7月にニューヨーク州司法試験が待っている。時間的余裕はさらになくなっています。

 2月までに発表できることといえば、『結婚の意思は変わらないが、再延期する』というものが濃厚でしょう」(皇室ジャーナリスト)

 秋篠宮さまはそうした発表を受け入れられるだろうか。

「秋篠宮さまはたしかに『納采の儀は行えない』とはおっしゃいましたが、『結婚を認めない』とは言われていません。金銭トラブルを解決するのが理想ではありますが、入籍につながる皇籍離脱の手続きを公的機関である宮内庁に求める権利は眞子さまにあるでしょう。

 あえて自分が口を出さないことで、眞子さまに自由な選択肢を与える。それが秋篠宮さまなりの愛情なのかもしれません」(別の皇室ジャーナリスト)

 昨年7月に日本を発って以来、一度も帰国していない小室さん。今回の秋篠宮さまのメッセージを受け、何らかのアクションを起こすことは確実だろう。

「昨年の秋篠宮さまの誕生日会見の後も、小室さんは代理人を通じて文書を発表しました。母親の佳代さんの金銭トラブルの釈明でしたが、秋篠宮さまにとってはそれが不充分だったことが、今回の会見で明らかになりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング