高須院長「どんどん死が近づく」とダイエットを完全否定

NEWSポストセブン / 2012年10月20日 7時0分

写真

ダイエットを完全否定する高須院長

“美のスペシャリスト”として知られ、芸能界から政財界、スポーツ界まで幅広い交友関係をもつ高須クリニックの高須克弥院長。ツイッターでは、趣味から流行、時事問題に至るまで、幅広いテーマをツイートし「かっちゃん」の愛称で人気者だ。当サイトのシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」では、高須院長がご意見番として世の中のさまざまな話題に縦横無尽に提言をしていく。今回は、ダイエットを完全否定する最新著書『その健康法では「早死に」する!』の内容について、高須院長自らが語る!

 * * *
──院長の最新著書『その健康法では「早死に」する!』では、「ダイエットをすることで長生きできる」という考え方を真っ向から否定していますよね。つまり、ダイエットはしないほうがいいと…。

高須:極端に太っている人は別だけど、健康な人がダイエットする意味なんかないよ。そもそもダイエットは、栄養を摂らないようにすることであって、極端な話、栄養失調の状態に近づけていることなんだよ。それこそアフリカの貧しい国なんかは、先進国に比べて平均寿命が凄く短いわけでしょ。それってつまり、栄養を十分に取れていないからなんだよね。わざわざダイエットなんかをして、栄養を摂らないようにすることで長生きができるなんて、どう考えてもおかしい。

──健康でいるためには、ダイエットなんかするべきではない、ということですね。

高須:当たり前の話だけど、しっかり食事を摂ってエネルギーを取り入れて初めて健康に生きられるのが人間。そして、健康を保つためには、しっかり体を動かさなくちゃならないし、動かすにはエネルギーが必要ってことでもある。

 たとえばどんな高級車でも、全然乗らないでいるとすぐ壊れちゃう。定期的に運転してエンジンを回して、メンテナンスもしていないと、高級車のスペックを引き出せない。家だっていっしょだよ。ずっと誰も住まないでいると、あっという間に廃屋になって住めなくなっちゃう。でも、誰か住んでいれば何十年も住んでいられる。人間もいっしょで、常に体を動かしていないと、人間の機能を使っていないと健康は保てないんだよね。そのためにはエネルギーが必要で、そうなるとしっかり栄養を摂らなくちゃならない。ダイエットをしてエネルギーを摂らないでいたら、体を動かせなくなってすぐにガタが来ちゃうよ。人間は単なる塊なんかじゃなくって“器官”なんだからさ。動かして使ってないとダメになっちゃうんだよ。

──なるほど。それでも世の中にはいろんなダイエット法があるじゃないですか。リンゴダイエットとか、トマトダイエットとか、そういう単品ダイエットがいくつも流行っていますが…。

高須:結局、単品ダイエットは楽だから流行るんだろうね。極端に偏った食生活をすれば、そりゃあ簡単に栄養失調になるんだから、結果として痩せちゃうわけだよ。難しいことや知識も必要ないしね。

──たしかに、そういう意味では痩せる効果は抜群かもしれないですね。でも、体への負担も相当大きいような気もします。

高須:単品ダイエットを続けていれば、間違いなく体を壊すことになるよ。“バランスの取れた栄養を摂ろう”っていうのが厚生労働省の指針であって、それを思いっきり拒否してるわけだから、当たり前のことだよね。で、そのまま単品ダイエットを続けたら、どんどん死が近づいてくる。死ぬ前にどこかで止めなきゃならないんだけど、そこで待っているのがリバウンド。単品ダイエットをして栄養失調になると、体は完全に飢餓状態になっちゃうんだよ。そうなると今度は体が“二度と飢餓状態にならないように”って健康な時以上に栄養分を取り込もうとして、ひどいリバウンドが起きる。

──完全に悪循環…。やっぱりダイエットは体に悪い!

高須:もうね、体が欲するままに食べるのが正解。我慢するのも良くない。だって、人間の体はそういう風に出来てるんだから、仕方ないよ(笑い)。長生きしたいんなら、ダイエットなんて絶対しちゃダメ。好きなモノを食べて、好きなときに寝る、これがいちばん!

 * * *
「ダイエットをすると長生きする」という説を完全否定した高須院長。“単品ダイエット”だけでなく、“一日一食ダイエット”や“低糖質ダイエット”についても長生きに繋がるものではないとのことだ。そんな高須院長は、もちろんダイエットなどしておらず、好きなモノを好きなだけ食べているというが、至って健康。院長いわく「もっとも長生きできる体型」だという“小太り”を自然とキープしている。無理をしないで健康でいられることを考えると、どうやら「ダイエットを止めること」が最強の健康法といえそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。
 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。最新刊は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング