落合・森の昨季中日首脳陣 中日戦解説で高木采配メッタ斬り

NEWSポストセブン / 2012年10月22日 7時0分

 CSファーストステージを辛くも制した中日の高木守道・監督は、「敗戦の弁を考えていた」と、厳しい闘いを振り返った。が、71歳の老指揮官に最もプレッシャーを与えたのは、敵将の小川監督でも主砲のバレンティンでもなかったようだ。

「ヤクルトとの第1戦(13日)、中日のコーチ陣はピリピリしていました。というのも、“あのコンビ”が中継の解説をしていたからです」(中日番記者)

 その2人とは、昨季まで中日を“オレ流”で8年連続Aクラスの常勝チームに育てた落合博満氏(58)と、ヘッドコーチとして落合氏の参謀役を務めた森繁和氏(57)。

「落合さんも森さんも歯に衣着せない。昨季は連覇を達成したのに解任された因縁があるだけに、高木采配を酷評するだろうといわれていました」(同前)

 2人が解説を務めたのは「J SPORTS」。この試合はNHKのBSでも中継されたが、野球ファンの間では“人畜無害”なNHKではなく、こちらにチャンネルを合わせた人が多かったようだ。

 2人はそんな期待(?)に見事に応えた。試合の前半は中日が2-0とリードしていたせいか、落合氏の口数は少なめ。だが、5回裏の中日の攻撃から“毒”が解禁される。5回を68球・無失点の先発・中田に代打・山崎武が告げられると、2人は「ハハハッ」と失笑を漏らす。

「やっちゃいけない交代。まだ投げさせていいんじゃないのかなと思います」

 と、落合氏は疑問を投げる。しかも遊ゴロを打った山崎がベース前で一塁手・畠山との衝突を避けるためにスピードを緩めてアウトになると、「何をお嬢さん野球やってるんだろ。滑ればいいんだし、ぶつかればセーフなのに」と“ジャイアン”の愛称を持つ大ベテランを小娘扱いに。6回裏にはヒートアップ。リリーフした田島が2死一、二塁で打席に立つと、再び落合氏と森氏は「ハハッ」と呆れた笑い声。

「俺らだったら絶対に交代(代打)だよね」(落合氏)
「交代ですね」(森氏)

 そして7回表も田島が続投すると、落合氏は「イヤ~な雰囲気だね」とボソリ。何と、それを言い終わるや否や田島はバレンティンにソロ本塁打を浴びてしまう。その後に田島が走者を2人出すと、中日ベンチは大慌てで浅尾に交代する。

「この雰囲気を作ったのは誰なんだ、ってことですよ。田島に投げさせる必要があったのかな」
「まぁ、野球を面白くしてくれましたな。ハハハ」

 と、“落合節”は絶好調に。そして、驚く一言も飛び出した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング