129人全員死亡の北極フランクリン隊「運命だった」と冒険作家

NEWSポストセブン / 2012年10月24日 16時0分

【著者に訊け】角幡唯介氏・著/『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』/集英社/1890円

 2010年『空白の五マイル』(開高健ノンフィクション賞)でデビュー。以来大宅賞、新田賞を立て続けに受賞するなど、目下注目のノンフィクション作家・角幡唯介氏(36)は、身長174センチ、体重70キロ(平時)。

「本当はもっと増やしたいんですが、どんなに食っても78キロが限界。この程度の身体では〈アグルーカ〉とは呼んでもらえませんね」

〈アグルーカとは、イヌイットの言葉で「大股で歩く男」を意味する〉〈背が高く、果断な性格〉〈かつて北極にやって来た探検家の何人かが、この名前で呼ばれた〉

 1845年、英国海軍が北西航路発見を目的に送り込み、129名全員が死亡する悲劇に見舞われた〈フランクリン隊〉にも、そう呼ばれた男がいたという。そして今なお謎に包まれた悲劇の真相を、角幡氏は最新刊『アグルーカの行方』で探る一方、彼らが見た北極を自ら見に行くのだ。

 極地探検歴11回目の友人、荻田泰永氏(35)と総重量100キロに及ぶ橇を引き、氷点下40度の〈乱氷帯〉を延々と歩く北極行は、最悪の場合1日に進んで10キロ。そうこうして103日間、1600キロに亘って伝説の痕跡を追った探検家は書く。

〈彼らはなぜ探検を続けたのだろう。私が本当に知りたいのはそのことだ〉

〈アグルーカとはいったい、誰のことだったのだろう〉

 実はその正体自体、わかっていないのだという。

「フランクリン隊の遭難後、イヌイットによる現地を彷徨う数人の男たちを見たという証言が紹介され、様々な説が議論されてきました。しかし、フランクリン隊の謎を研究した本が出版されてはいるものの、遭難者の足跡をわざわざ辿りに行く僕らみたいな変わり種はさすがにいない(笑い)。そこで彼らが書けなかった報告書を代わりに書こうと」

 1845年、〈靴を食った男〉として知られた、ジョン・フランクリン(当時59歳)を隊長にロンドン港を出た探検隊は、カナダ北極圏・ビーチェイ島で越冬後、1946年9月にキングウイリアム島に到達。隊員の多くはここで力尽き、通称〈餓死の入江〉で全滅したと伝えられる。のちに発見されたメモによれば、フランクリンは1947年6月に死亡。その後は副官フランシス・クロージャーが隊を率い、北米北部グレートフィッシュ川河口をめざしたという。

 なぜ彼らは船を棄てて、400キロも離れた河口へと〈悲壮な前進〉を続けたのか。そして、アグルーカとは一体誰なのか――。本書では北極探検史上最大のミステリーと角幡隊の冒険を並行して描き、何が人を極地に向かわせるのかという根源的な謎に迫る。

「フランクリン隊及びその生き残りが進んだとされるルートを、なるべく彼らと同じ季節に歩く計画を立てました。食事は1日5000キロカロリー。それでも氷点下40度の中で乱氷帯と格闘していると猛烈に腹が減って、雷鳥や麝香牛を撃って食べたこともあった。テントに近づいた北極熊を食べてしまいたいと思うほど、北極での空腹感は“飢餓感”に近いものでした」

 実は当時、キングウイリアム島は陸続きだとされ、彼らの船はそのために道を誤り、氷に囲まれた。結果、隊員の遺骨が島のあちこちで見つかり、飢餓のあまり仲間の死肉を食った〈カニバリズム〉の痕跡も発見されている。

「ただそれも当時としては仕方のないことで、地図もGPSもない中での彼らの遭難は、失敗ではなく運命だったと僕は思います」

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2012年11月2日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング