10代からクレーマーの角田被告 老婆から何十万円取ることも

NEWSポストセブン / 2012年10月26日 16時0分

 兵庫県尼崎市で発生した遺体遺棄事件。主犯格とみられる角田美代子被告(64才)の周辺では多数の行方不明者も出ており、さらなる事件の拡大が予想される。

 複数の家庭に入り込み、支配し、犯罪に手を染めさせたといわれている角田被告。相手を恫喝し、従属させていく角田被告は、まさにクレーマーそのものだった。

 高校を中退すると、10代から市内の繁華街のスナックで働いていたという角田被告。そのころにはすでに、地元では知らない人はいないほどのクレーマーとなっていた。

「もう40年くらい前の話やけど、祖母の家に角田被告が車で来たことがあったんです。家のそばに路駐しとって、それがたまたま巡回していた警察官に駐禁を取られてしもうたんや。それに気づいた角田被告は車を止めとったところの近くの家に、“お前、サツにチクったやろ! どないしてくれるんや!”って烈火のごとく怒って怒鳴りこんだんですわ。

 その人は“知らん。濡れ衣や”と言ったみたいやけど、あとで“怖かった、もう生きた心地がせんかったわ”ってこぼしてはりましたよ」(角田家を知る人)

 ほかにも、宅配便を受け取った時に、「(中身が)溶けとったわ」といって弁償させたり、スーパーで買い物に行けば、購入した食品が「腐っとる!」と因縁をつけた。時には高額な金銭を要求することもあった。

「角田被告の祖母の自宅に植えてあった渋柿の木が伸び放題で、隣家の屋根にかかっとったんですよ。それでちょうど隣家へ来てた植木職人さんが切っちゃったことがあったんです。ほんなら、後日それを知った角田被告が隣家へ怒鳴り込んで、そこに住むお婆ちゃんに何十万円も請求しはったんです。お婆ちゃんは怖くってかかわりたくなかったみたいで、要求された金額を角田被告に支払っちゃったんです」(前出・角田家を知る人)

 角田被告はその後も、香川県にあるうどん店で「ハエが入ってた」とクレームをつけて10万円を脅し取ったことがあると報じられている。

 大江和子さんの遺体遺棄事件も、阪神電鉄の社員だった大江さんの次女の元夫・川村博之被告に「ベビーカーが扉にはさまれた」と角田被告がクレームをつけたのがきっかけだった。

※女性セブン2012年11月8日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング