1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

井筒監督 新作で妻夫木の演技には注文つけず「好きにやって」

NEWSポストセブン / 2012年11月2日 7時0分

写真

井筒監督は妻夫木を「器用な俳優さん」

 11月3日公開の話題の映画『黄金を抱いて翔べ』。銀行から240億円の金塊を強奪しようとする6人の男たちを描いたストーリーだ。井筒和幸監督が、高村薫氏の同名小説の原作に惚れ込み、映画化を熱望。3か月に及ぶ撮影で、今までの井筒作品とは違った、男くさいハードボイルドな作品に仕上げた。現場では厳しいことで知られる監督だが、主演・妻夫木聡のほか、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン(東方神起)、西田敏行ら個性的な役者をどのようにまとめていったのか? 井筒監督にインタビューした。

――高村薫さんの重厚な原作を2時間余りで描く苦労はありませんでしたか?

井筒:物語上、必要な栄養分だけ残してそれ以外のものは裏に回したって感じ。それが大変だったの。この作品は、人間関係と、それぞれのキャラクターが面白いから。そこを外しさえしなければってすごい作品になるだろうって思ってましたから。金塊強奪という犯罪の話ではあるけれど、悪だろうが、善だろうがそんなことはどうでもいい。その先にある白昼夢を見るような話だから。

――作品を見終わった後、“その後”を考えさせられるストーリーだった。

井筒:そういうのを想像しながら見るのが面白いことやからね。最近の映画は、勧善懲悪でテレビドラマの延長みたいな作品が多くて、正義の押し売りや、涙と恋のバーゲンセールばっかり。見る前に結末がわかっちゃうようなものもある。どんでん返しといったって、たかが知れてるし、コミックの原作をなぞってるだけ。そんなのは作りたくなかったからね。

――確かに最後まで、作戦がどう展開していくかわからない緊迫感がある。

井筒:銀行の地下に浸入しても、本当に金塊が眠っているかどうかさえわからないわけでしょ。そう思わせながらハラハラドキドキで進んでいくからね。あるかないかわからないものをつかみに行くのがテーマです。そこがこの映画の哲学です。これに尽きる。不確かなものを探りにいってやろうという“夢と野望”ですよ。そうじゃないと新しい発見もないし、6人の心の通いも生まれてこない。それを互いに信頼しながら突き進んでいくっていうね。

――監督の生き方と通じてる気がしますね。

井筒:まあ似たようなもんかな。作れるかわからないけど作ってみよう、そんな映画ばかりだったからね。できたら面白いけど本当にできんのかなって。『ゲロッパ!』だって、ヤクザの親分が大ファンのジェームス・ブラウンのコンサートに行くなんて話、できるなんて思わなかったからね(笑い)。

――実行犯・幸田役で主演の妻夫木さんはどんな印象でしたか?

井筒:とても器用な俳優さんよ、本当に。今回の幸田という役は、相当、孤独な心を込めないとできない役ですから。どこか覚めていて暗い過去があって、感情を表に出さないハードボイルドな悪漢だから。でもいつも深刻ぶった顔ばかりしていられない。そこのリアル感が“鮮やか”でしたね。

――監督が、妻夫木さんの演技に注文つけなかったから本人も心配になったそうですね。

井筒:撮影が始まって何日か経ってから“これでいいんですか”って聞いてきてから、“それでいいから、そのまま好きにやってください”ってね。

――ひげとか衣装の役作りも本人の意図を組んだそうで。

井筒:最初の打合せのときに、ひげ面のままで来たから“それいいんじゃないの”って。そのとき着ていた私服も作品の中で着てもらったり。

――なかなか初タッグの監督の要望に照準を合わせてくる人はいないですよね。

井筒:いないと思いますよ。そういう意味では、今回のほかの俳優さんも、みんな心得てくれてたね。浅野くんも、衣装合わせのときに役作りで角刈りにしてきましたからね。たいしたもんです。6人とも欲望のまま動く役だからね。そういう意味じゃ、演じにくいとは思わなかったんじゃないですかね。

――システムエンジニアとして作戦に参加する野田役の桐谷さんは、6人の中でもっとも一般人の感覚を持っている役だった。

井筒:そうやね、計画から一度逃げ出そうとしたしね。小心者のサラリーマンやから、ハマってたよね。『ゲロッパ!』でも小心者の役だった。あいつ、小心者は大得意(笑い)。

――桐谷さんは、『ゲロッパ!』で映画デビューし、その後も監督の作品に何本も出演している。どのあたりが成長したと思いましたか?

井筒:いい具合に自分の芝居を組み立てることができるようになったというかね。最初のころは、無防備で来たけど、今は自分の秘めた演技力をフルに出せるようになったんやなあって思いますね。本人は“とっくになってますよ”って言うかもしれないけどね(笑い)。

――監督の現場はよく怒号が飛ぶと有名ですが、今回は?

井筒:それは『パッチギ!』のころまでの話ですよ。今回は全然、怒号は飛ばしてない。周りのスタッフが怒号飛ばしてただけですから(笑い)。

――最後に、この作品をどんな人に見てもらいたいですか?

井筒:挑戦したくてもできなくてウジウジしている…でも野望がある、そういう人に見てもらいたいね。高島屋のデパ地下でスイーツの新作が出るから買いに行きたいとか、小田急百貨店の北海道海産物フェア狙うっていう、そっちの野望もいいけど(笑い)。野望なんてない、地味に暮らして地味に墓に入ります、って思ってる人でも一回見てほしいね。

 男の人も毎日会社に行って、生きてるのか死んでるのかわかんない顔して、地下鉄乗って夕方までノルマこなして上から怒られたり下から突き上げられたりしながら夜はヤケ酒飲んでるくらいだったら、この映画見て、何かを感じてほしいね。“オレもいっちょやったろか”っていうね。社会の閉塞感に打ちのめされたくない、目的を見つけたい、っていう心意気のある人にぜひ見てほしいね。

『黄金を抱いて翔べ』
過激派や犯罪相手の調達屋などをしてきた幸田(妻夫木)は、大学時代の友人・北川(浅野)から、住田銀行本店地下にある240億円相当の金塊強奪計画を持ちかけられる。北川がメンバーに選んだのは銀行システムエンジニアの野田(桐谷)、自称大学院留学生で国家スパイの裏の顔を持つモモ(チャンミン)。さらに、北川の弟・春樹(溝端)、元エレベーター技師のジイちゃん(西田)が仲間に加わり、6人の男たちの計画がスタートする。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング