『青春くん』作者・とがし氏 ビニ本・裏本の魅力を熱く語る

NEWSポストセブン / 2012年11月5日 16時1分

 いまやネットで簡単にアダルト動画が見られる時代だが、かつては手軽に性欲を満たすツールはほとんどなかった。1980年代に男性諸氏の“性春”の象徴だった「ビニ本」「裏本」の魅力を、『青春くん』でお馴染みの漫画家・とがしやすたか氏が語る。

 * * *
 ビニ本の前に、自販機本がありましたよね。冒頭の数ページがグラビア、後は活版ページ。何度も騙されたと思ったから、初めてビニ本が出た時は感動しました。ビニ本って、今だったら「見えそうで見えない」と思うけど、当時は「こんなに見えてる!」って思った。女の子とラブホテルで、灯りを消すか消さないかで揉めているような時代ですよ。下着越しにうっすら見えるなんてわくわくしたよ。

 僕の小さい頃にはエロ本すらほとんど手に入らなかった。新聞広告のチラシに水着姿の女性が写っていたら、それをオカズにしていたぐらい(笑い)。そうした段階を踏んでいたからビニ本は衝撃的でした。今の中高生みたいにいきなりネットやなんかで裸を見るのとはわけが違う。

 ダサイ作りもいいんです。女の子たちも整形してないから素人感がよく出ている。乳が垂れた子もいれば太った子もいて、それがそのへんに歩いていそうな女性だからよけい興奮する。実際、僕の近所にはどうみてもビニ本に出演していたとしか思えない女性も住んでいましたよ。

 でも、やっぱり滝川真子とか渡瀬ミクとか竹下ゆかりはメジャーになるだけのことはある。『トマトの日記』なんてタイトルが、いやらしくていいんだよなァ。そのうち裏本が出回って、弟が買ってきた。今でも『金閣寺』もってます。初めて裏本見たときは、目を疑ったね。モロ出しは外国物でしか見たことなかったから。

 裏ビデオも凄いなァって思うよ。でも、ビニ本や裏本みたいに熱中しなかった。キャバクラはハシゴできるけど、風俗で一回抜いちゃうと真っ直ぐ家に帰るしかないのと似てるかな?

【プロフィール】
●とがしやすたか:1959年生まれ。漫画家。もてない男や童貞の男の哀しくコミカルな性生活を描いた作品が読者の共感を得ている。代表作は『青春くん』。

※週刊ポスト2012年11月16日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング