1台27万円? 小中学校に「PCを1人1台」で膨れ上がる予算

NEWSポストセブン / 2020年1月28日 11時0分

次世代には必須のスキルだが

 先生が黒板に板書して、子供たちがノートに書き写す──そんな光景が、大きく変わろうとしている。安倍政権は「小中学生にパソコン1人1台」という構想をブチ上げた。これからの時代には必須なのかもしれないが、それに必要な予算は、いま政府が明らかにしている額より大きく膨れ上がる懸念がある。ノンフィクション作家・広野真嗣氏がレポートする。

 * * *
 1月20日に召集された通常国会では、IRを巡る汚職事件の追及などに注目が集まるが、見逃せないのが政府の経済対策の中身だ。目玉のひとつが、小中学生がパソコンを1人1台使えるようにする「GIGAスクール構想」である。これに4000億円もの巨費が投じられようとしている。

 まず小学5、6年と中学1年の全児童・生徒の約400万人分を教室に配備し、無線LAN環境を整える。さらに3年で小中の全学年で「1人1台」を実現する方針で、手始めに2019年度補正予算に2318億円を計上した。

 確かに、教育におけるIT環境の整備で、日本は遅れをとってきた。

 先月、OECDは2018年に実施した学習到達度調査(PISA)を公表。インターネットから必要な情報を求める力などが問われた「読解力」の分野で、日本は3年前の8位から15位に順位を落とした。

 理由の一つとして、IT基盤の脆弱さは見逃せない。別の国際教員指導環境調査では、「生徒に課題や学級での活動にICT(注・情報通信技術)を活用させる」という項目に「いつも」または「しばしば」と回答した割合が17.9%と48の参加国の平均(51.3%)をはるかに下回り、下から2番目だった。

 こんな実情を巻き返そうと官邸の教育再生実行会議が昨年5月、〈ICTは「マストアイテム」〉と打ち出すと、「パソコン1人1台」は瞬く間に景気対策の目玉のひとつに押し上げられたのだ。

◆量販店の値段の「3倍以上」

 パソコンの国内市場(年間総出荷台数)が約1000万台のなか、小中学生は約930万人。メーカー側には特需だ。

 日本マイクロソフトは昨年7月、文部科学省の指定に対応したモデルを約50種に倍増すると表明し、ダイナブック社も10月、新たに学習用PCを発表している。

 購入の主体は学校を設置する教育委員会だが、巨額の予算は適正なのか、と当然疑問がわく。いったい、1台いくらのパソコンを買うというのか。

 昨年6月に文科省が出した報告書は〈店頭には一般向けの4万円台~5万円の端末も並んでいる〉ことを目安にしており、今回の措置についても「端末の調達費用の補助単価は4万5000円」(情報教育・外国語教育課)と説明した。補正予算の約2300億円、総事業費の約4000億円という金額は、この前提から算出されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング