TV「深イイ話」で注目の見えない歯科矯正「インビザライン」

NEWSポストセブン / 2012年11月6日 7時0分

写真

実際にインビザライン装着中の大内さん。着けているのは全くわからない

 11月5日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で、美人歯科医の中田彩さんが“最新歯科治療”として紹介した話題の歯科矯正システム「インビザライン」。透明で目立たず自分で自由に取り外しもでき、設計により普通のワイヤー矯正に比べて治療期間も短縮できるというこの治療について、番組内でも紹介され、道端ジェシカら芸能人も通う東京都中央区日本橋浜町の歯科医院・インビザライン矯正歯科「トルナーレデンタルクリニック」の龍信之助院長に話を聞いた。

 * * *
 インビザラインのマウスピースは、全体の歯にかぶせるように装着するのだが、透明で着けているのを全く気づかれないほど自然なのがポイント。“見えない歯科矯正”と呼ばれる所以だ。しかも、ワイヤー矯正の平均治療期間は3年ほどかかるのに対し、治療計画によっては約半年~1年半と治療期間が短縮される利点がある。基本的に抜歯をしないというのも大きなメリットだという。龍院長はこう語る。

インビザライン矯正が早い理由は、ワイヤー矯正は場合によっては抜歯をするので、そのスペース分、歯を移動させていくのに対して、インビザの場合は、全体の歯をやすりでちょっと削って全部の歯をほぼ同時に動かします。動かす距離が少ないから、時間的に有利なんです。ただしこれは、インビザラインドクター個々の治療計画の設計に依存します」

 インビザライン矯正の気になるお値段は、トータルで100万円前後。治療方法は、まず最初に3Dのコンピューターグラフィック上で最終的なゴールまでのマウスピースを設計してしまう。そして、2週間おきに段階を追って少しずつ調整されたマウスピースをつけ替えていくだけというシンプルさだ。

「ワイヤー矯正では、だいたい月に1回、病院で1か月分の範囲で歯を締めるのに対し、インビザでは使い捨てのマウスピースを2週間に1回単位で替えて動かすので負担も軽いんです。それに、設計の仕方にもよりますが、まとめて2~3か月分を渡すこともできるので、来院回数も減るわけです」(龍院長)

 とはいえ、インビザラインのいちばんの要は型の設計。どこで治療を受けても同じ結果が受けられるというわけではなく、ドクターの腕や治療計画により効果や期間に影響が出てくるので見極めが重要だという。龍院長は、こだわりについてこう続ける。

「僕は、ただ並べるだけではなく、前歯の位置にもすごくこだわります。正中といって、前歯のラインが顔の真ん中にこないと、正面から見た顔のバランスも悪いんです。とはいえ、歯科医師としてターゲットのひとつはもちろん見た目もあるけれど、それよりも自分の歯を一生使っていくということに重きを置いています。歯並びに凹凸があると、磨き残しができて口腔内の菌を増やしてしまうことになります。きれいに並べたほうが圧倒的に歯は磨きやすいし、結果として審美的な面もよくなるんです。悩んでいる方は、ぜひ一度相談においでください」(龍院長)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング