「超売り手市場」な優秀看護師 病院間で引き抜き合戦勃発中

NEWSポストセブン / 2012年11月11日 7時1分

 いま、病院は慢性的な看護師不足に悩まされている。なかには看護師不足が原因で、病棟閉鎖や病床削減に追い込まれている病院もあるほどだ。

 そんななか、優秀な看護師は「超売り手市場」となり、病院間で引き抜き合戦が起きている。実際に良い看護師がいるかどうかは、患者の寿命を伸ばしも縮めもする重要な要素なのだ。

 50代の会社員・A氏は肺がんで地元のがんセンターに入院。手術後、薬物治療を受けていたある日、突然の腹痛に襲われた。

「若い担当医師が『副作用にしてはおかしいなぁ』と首をひねっていると、横にいたベテラン看護師が私のお腹を触り、『先生、副作用ではなく何か合併症の疑いがあるのでは。腹部以外のレントゲンを撮った方がいいかもしれません』と進言。看護師のいうとおりにすぐに処置をとってくれ、なんとか事なきを得ました。あの看護師さんがいなかったら、今頃どうなっていたか」(A氏)

 現役看護師で作家の宮子あずさ氏によれば、医療現場ではこうしたケースはよくあることだという。

「専門医は専門外のことを意外に知りません。いろいろな科を渡り歩いてきたベテラン看護師の方が幅広い知識を持っていることが多いのは事実です。患者さんのちょっとした変化を見て、担当医の専門とは別の病気に気づくのも、看護師の大事な役割なんです」

 心臓外科の名医で、『ナースの常識!?医者の非常識!?』などの著書がある東京ハートセンターのセンター長・南淵明宏氏も、実際に看護師に助けられた経験を口にする。

「弁膜症の高齢の入院患者さんが突然、不整脈の発作を起こし、血圧が低下しました。私は血圧を上げるために昇圧剤を投与しようとして、間違えて降圧剤を投与してしまったんです。すぐに昇圧剤を投与して結果的には何事もなかったのですが、この時、焦っていた私と不安になっていた患者さんを救ってくれたのが担当のベテランナースでした。

 落ち着いて『いま、とっても良い薬を使いましたから、すぐ良くなりますよ』とやさしく声をかけると、患者さんは安心し、容態も安定しました。このナースはどんな言葉をかけたら患者さんに良い影響があるのかをわかっているんです」

※週刊ポスト2012年11月16日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング