【プロ野球コーチの役割】守備走塁コーチ編 ノック係も担当

NEWSポストセブン / 2012年11月13日 7時0分

 プロ野球の世界でスポットライトを浴び続けた名選手たちが、引退後に選ぶ職業の1つがコーチという仕事。中でも一芸に秀でた職人肌の選手がよく任されるのが守備・走塁コーチだが、彼らは具体的にどんな仕事をしているのだろう?

 一口に守備といっても、打者の傾向や走者の状況などで守備位置は大きく変わる。同じく走塁も試合展開によって様々なうえ、その成否はチームの勝敗に大きく関わる。指導項目は多岐にわたるため、外野と内野で担当を分けるのが一般的だ。その観察力を活かして、試合中は一・三塁のコーチャーズボックスに立って走者に細かい指示を与える。ちなみにノック役も仕事。

※週刊ポスト2012年11月23日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング