今井翼が松竹所属へ、地元の先輩・中居正広に相談か

NEWSポストセブン / 2020年3月15日 16時0分

昨年6月、愛之助と2人で会食した今井

 元「タッキー&翼」の今井翼(38才)が、片岡愛之助(48才)や尾上松也(35才)らが所属する松竹エンタテインメントに電撃移籍する。4月1日付で正式加入するが、その裏には約10か月におよぶ葛藤があったという。

「中居正広さん(47才)や錦戸亮さん(35才)をはじめジャニーズ事務所を退所して“独立”するケースは多いですが、ほかの事務所への移籍は、大変珍しいことです」(芸能関係者)

 今井は滝沢秀明(37才)とのユニット「タッキー&翼」で活躍したが、2014年にメニエール病を発症し、2018年3月に芸能活動を休止。同年9月にジャニーズ事務所を退所し、治療に専念していた。

「昨年の4月頃、体調が戻りつつあった今井さんは本格的に芸能活動の再開を考え始めました。ただ、個人事務所でやっていく自信はなかったようで、ほかの芸能事務所への所属を模索したんです。そこで頼ったのが、2014年の舞台『GOEMON 石川五右衛門』での共演以来、公私共に仲のよい愛之助さんでした。今井さんが今年2月の歌舞伎舞台、『NOBUNAGA』で復帰したのも愛之助さんの尽力があったようです」(前出・芸能関係者)

 松竹への所属についてもトントン拍子で進んだというが、当の今井はなかなか一歩を踏み出せなかったという。

「芸能活動は続けられないとジャニーズ事務所を退所したのに、別の事務所で復帰することはファンやスタッフへの裏切りにならないか葛藤があったようです」(前出・芸能関係者)

 今井の相談に乗っていたのが中居だったという。中居は今井にとって小中学校が同じ地元の先輩。普段から何かと面倒を見てもらっている仲だ。

「中居さんの後押しもあり、今井さんは決断。当初の予定では2月の復帰舞台で移籍を発表するはずでしたが、お世話になった先輩が退所をすることを知り、中居さんの会見を待っての発表となったようです」(前出・芸能関係者)

 新天地で大きな翼を広げてほしい。

※女性セブン2020年3月26日・4月2日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング