「両陛下は公務を減らすとの発想ない」と皇室ジャーナリスト

NEWSポストセブン / 2012年11月19日 16時0分

 9年ぶりに皇太子ご一家のご静養の様子が報道陣に公開された。11月7日、葉山御用邸でご静養中の皇太子ご一家は、近くの葉山しおさい公園をご訪問、紅葉が色づき始めた日本庭園をご覧になり、池では3人並ばれ、鯉に餌をおあげになった。雅子さまは「大きいね」などと愛子さまに話しかけられ、楽しい休日を過ごされたようだ。

 一方、同日に天皇皇后両陛下は、皇居内にある宮内庁三の丸尚蔵館を訪問され、『描き継ぐ日本美──円山派の伝統と発展』を鑑賞された。

 今年2月に心臓の手術を受けられた陛下。それ以降、常に陛下を支え、気遣われてきた美智子さまも、最近では疲れやすく、体調が芳しくない日も多いという。ともに78才というご高齢で、さらにご病気も抱え、体調も万全でないなか、ほとんど休みもなく“国民のために”と激務を続けられている。

「10月の両陛下のお休みはわずか4日です。一方、雅子さまは外出を伴う公務を1件と東宮御所内での公務を5件されただけです。雅子さまが適応障害と診断され、ご療養生活に入られてから、今年12月で10年目に突入します。“雅子のために”と、公務を一身に引き受けられる両陛下の体調を心配する声は日に日に高まっています」(皇室記者)

 皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこう話す。

「両陛下は“自らの命、体は国民のためにある。自分の体でありながら、自分だけの体ではない”というお考えなのでしょう。ですから、健康のために公務を減らすといった発想は一切ないのだと思います」

※女性セブン2012年11月29日・12月6日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング