萌え落語で話題の声優「古典落語を“アキバ”にスライドさせた」

NEWSポストセブン / 2012年11月27日 7時0分

写真

萌え落語で話題の人気声優・小林ゆう

『銀河へキックオフ!!』『イナズマイレブンGO』シリーズなど数多くのアニメで活躍中の声優・小林ゆう。声優界では、その実力と独特の存在感、美貌で人気を誇る。8月には“女子萌え落語”に挑戦したCD『モエオチ!』を発売。古典落語をアキバカルチャーとして“カバー”し、話題を集めている。声優、モデル、“落語家”と変幻自在な彼女の素顔をのぞくべくインタビュー!

――落語のCDを出すことになったきっかけは?

小林:声優のお仕事を始める前にお芝居の勉強として落語を聴き始めたのがきっかけでありました。立川談志師匠というすごい落語家様を知って、大変恐縮ですけれども、自分もいつか落語というものをさせていただけたらという密かな希望を持っておりましたところ、今回CDを出させていただく運びになりました。念願でございました。

――アキバカルチャーとコラボした“女子萌え落語”とは?

小林:謎のネーミングですけれども、古典落語を現代のアキバカルチャーにスライドさせる形を取らせていただいておりまして、秋葉原で出てきた萌え文化の世界観の落語ということで、“女子萌え落語”というふうにさせていただいております。

――ストーリーも有名な演目にからんだ内容?

小林:例えば古典の『寿限無(じゅげむ)』をカバーした『微レ存』(“微粒子レベルで存在する”という意味のネットスラング)では、コミケ会場を舞台にさせていただいています。初めて描いた漫画を同人誌として売りたいと主人公の女性が、漫画やコミケに大変詳しい女性の先輩にタイトルの相談をするところからストーリーが始まります。最終的に本のタイトルは、アキバカルチャーにゆかりのあるたくさんの言葉を全部つなげた物すごく長いものになります。そして、そのタイトルを全部長セリフで私が言わせていただくのがいちばんの醍醐味というか、聴きどころになっております。

――普段からアキバの言葉を使っていたわけではない?

小林:お仕事以外では、残念ながら使うご縁に恵まれず、“微レ存”という言葉も初めて知りまして。私はパソコンも持っていないもので、ネットスラングというお言葉も“はじめまして”なものばかりでした。

――なかなか理解しづらい言葉が多いですね。

小林:勉強になりました。クライマックスの長台詞を早口で連続して言わせていただくシーンでは、たくさんの少年やイケメンさん、おばあちゃんやおじいさんなど登場人物たちが入れ替わり立ち代わり出てまいります。そのひとり一人の演じ分けと早口言葉は、本当に学ぶことばかりでした。

――小林さんは言葉遣いがすごく礼儀正しいですね。

小林:とんでもないです! 全然、もう…。自分では意識してなかったんですけど、そういうふうに言っていただくと、大変恐縮です。

――“萌え落語”は、声優のお仕事とは全く違いますか?

小林:初めて感じたことがたくさんございました。声優のお仕事ですと、作品の中で基本的にはひとりの役者がひとりのキャラクターを演じさせていただきますが、落語にいたりましては、導入の枕や、ところどころで入る語りの部分、さらに私が全登場人物をひとりで演じさせていただきます。多いときですと10人ぐらい。そうしますと演じているうちに頭で考えるよりも、反射的にキャラクターが動き出す瞬間がありまして、そうしているうちに全体を俯瞰で見させていただいて、恐縮な例え方ですがまるで監督さんのような気持ちで無意識のうちに全体に指示を出させていただくようになってきまして。今までにない感情を経験させていただきました。

――声優の仕事では子供から宇宙人の役まで役柄が本当に幅広いですが、こなす秘訣は?

小林:いえ、とんでもないです。いろいろな役柄を演じさせていただけて本当に感謝しています。少年、男性や女性、女性として振る舞う男性ですとか、帰国子女で多重人格の方など、ほんとにさまざまな役をいただいて大変幸せに思います。オーディションを受けさせていただけることは本当に有難いことで、その上に役を授かるという幸運に恵まれた時は本当に言葉にならない喜びがございます。そこから一心不乱にその役柄について考えます。デビュー作品の『DANDOH!!』では主人公のゴルフ少年役を演じさせていただくにあたり、私もゴルフクラブを買って打ちっぱなしの練習場やコースにも出てみました。一見ムダに思えることも全部やってみたいと思ってしまうようで、これ以上できることはないということをいろいろして、役柄に臨ませていただくという形をとらせていただいております。

――演技力も高く評価されていますが、小林さんにとって声優という仕事とは?

小林:いえいえ、とんでもないです。大変難しく、奥が深く、デビューしてから今でも本当に格闘中で、毎日お仕事をさせていただきながら反省して発見して、もっと成長したいともがいている毎日です。すごく楽しくて感動もいっぱいありますし、私の心を捉えて離さない、ほんとに素晴らしい職業だと思っています。声優というお仕事への情熱は、最初もすごく持っていましたけど、していけばいくほど増していきます。こういう世界だといつお仕事がどうなるかわからないと思いますので、とにかく全力投球で頑張ろうというふうに毎日思っております。

【小林ゆう(こばやし・ゆう)】
2月5日生まれ。O型。東京都出身。高校時代に始めたモデルから声優へ転身。2008年に第2回声優アワードで新人女優賞受賞し、2009年の『まりあ✝ほりっく』のネ氏堂鞠也役でブレイク。168cmのスレンダーな容姿と、ハスキーボイスで元気な少年役から可憐な少女、宇宙人、エキセントリックな役まで幅広く演じる実力派。歌手活動や、ファッション誌『KERA』でモデル業も兼任する異色の経歴の持ち主でもある。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング