林真理子最新作は平成版「白い巨塔」WHO在籍女医がモデル

NEWSポストセブン / 2012年11月19日 7時0分

【著者に訊け】林真理子氏・著/『アスクレピオスの愛人』/新潮社/1680円

 主人公は英仏西など数か国語を操る、WHO(世界保健機関)のメディカル・オフィサー〈佐伯志帆子〉。アフリカ奥地や紛争地にも自ら出向き、エボラ出血熱やデング熱といった感染症対策を最前線で指揮する、美貌のエキスパートである。〈しかし白衣を脱いだ夜の彼女は、どこまでも女……〉と帯にあるが、このほど自身初の医療巨編『アスクレピオスの愛人』を上梓した林真理子氏(58)は言う。

「昼間は聖女、なのに夜は大胆で恋多き女とか、男の人の感覚だとそうなるんでしょうけどね。私はむしろ聖女だからこそ大胆、ひたむきゆえに奔放な彼女を、素晴らしいと思うんです」

 本書にはモデルがいる。ジュネーブのWHO本部で活躍する、進藤奈邦子氏だ。

「私に“平成の『白い巨塔』”を書けと勧めたある編集者の紹介で初めてお会いしたんですが、本当に色っぽくて、お綺麗な方なんですよ。しかもメディカル・オフィサーと言えば感染症医療では実質ナンバー2の要職ですから、『こんなに立派で完璧な先生、別に私が書かなくてもいいじゃない……』って正直思ったくらい(笑い)。

 ただ、本にも書きましたが、彼女が現地で使うメディカルキットを見せてくれて、その中にコンドームがあった。何に使うのか訊いたら『だってアフリカの奥地に何週間もいたら、普通ムラムラしない?』って(笑い)。

 その言い方が嫌味がなくて、あ、この人面白いって俄然興味が湧いた。志帆子の私生活はあくまで創作ですが、世界各地を飛び回る彼女を軸に、いろんな医者の日常を書いてみようと」

 WHO本部での研修以来、志帆子を慕う公立病院勤務の小児科医〈村岡進也〉もその一人だ。志帆子は現地でも常に男たちの注目の的で、東京でも歴代の研修生が彼女の愛称を冠した〈シーナの会〉を結成するほど。進也など、彼女をシーナと呼べるだけで幸せなのだ。

 一方、女性誌等で人気の美容整形医〈斎藤裕一〉にとって、志帆子は7年前に別れた元妻。元CAの後妻〈結花〉は医大生の娘〈れおな〉とも折り合いよく、富裕層に的を絞った病院の経営も順調だ。美容外科をやっかみ半分で見下す周囲は、斎藤が志帆子の元夫だったことを訝るが、手先の器用な彼の選択を彼女は正当に評価できる女だった。

 白金ソフィア病院理事長〈小原俊矢〉も、志帆子には同様の印象を持っていた。破綻寸前の病院を次々買収し、目下傘下の私大に医学部創設を目論む彼には何かと黒い噂も多い。が、経営難や医師不足に喘ぐ医学界を彼は彼なりに救おうとし、その理解者が志帆子だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング