草食系会社 ノートPC・メッセンジャーで「無言会議」

NEWSポストセブン / 2012年11月22日 16時0分

 ハケンで何社も渡り歩いたOL、るいさん(30歳)によると、会社によってさまざまな会議のカタチがあるのだという。なかには。「無言会議」があるほどで、「草食で不気味だった」という会社も――。OL5人が会議について語り合った。

みか(IT・29歳):はあ? 無言でどうやって会議するの?

るい:メンバー全員ノートPC持参で、メッセンジャーで議論するわけ。上司は「ログが残るから便利」とかいってたけど、単にコミュ障なだけだろってw

ちず(製造・28歳):うわ~、どうしようもな~い。しかし、誰か会議のプ口みたいな人がウチらの会社の「会議革命」してくんないかね。これ以上、無駄に付き合うの、もうヤだよ。

はな(ソフト・25歳):いや~、無理じゃない? 前、「椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!」って本にかぶれたウチの社長が、会議室から椅子を撤去したことがあったんだけど、そういう社長が腰痛持ちで、立ってられなかったっていうオチだったからねw

まこ(広告・28歳):ウチも役員だけで「パワーランチ」っていう、ランチ付きの会議をやったことがあったの。でも、役員なんて、糖尿病とか持病持ちの年寄りばっかだから、減塩、低カロリ一、低糖メニューばっか並べざるを得なくて、全然パワー出なさそうでさ。アレには笑えたな。

るい:そういや「コーヒートーク」とかいう支社同士をネットワークでいで達成状況なんかを報告する会議のある会社にいたこともあったけど、コーヒーなんか1回も出たことがなかったっけ。

はな:極め付きは、前、ウチでやった「会議を改善する会議」だよ。真夜中までかかって、結論は一個もでなかったらしいw

ちず:みんな「名ばかり会議」もいいとこだろ!

※週刊ポスト2012年11月30日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング