「頭皮のベタつき」 ムダ毛や化粧崩れより好感度に影響大

NEWSポストセブン / 2012年11月21日 16時0分

写真

「頭皮のベタつき」は意外に見られている

「20~30代女性 洗髪24時間後にサンマ以上ネギ以下のクサさに」記事で紹介した、『頭皮のニオイ』に関する調査報告資料をまとめた「スカルプDヘアケア委員会 ~頭皮革命~」プロジェクト。現代女性に「頭皮ケア」の重要性を伝えるこのプロジェクトが、今度は女性の『頭皮のベタつき』について、男女300名を対象とした意識調査や、美容ジャーナリストへのインタビューを実施し、「頭皮のベタつき」が、見た目の好感度に大きく影響するという結果を発表した。

 まず25~39歳の男性150名を対象に、女性が気にしている美容に関する好感度調査を行ったところ、「ムダ毛の処理が甘い女性」「小鼻がアブラでテカっている女性」「香水のニオイがキツい女性」「ファンデーションが崩れている女性」「髪の毛に寝グセがついている女性」いずれと比較しても、「頭皮がベタついている女性」の方が好感度が低いということが明らかになった。

 最近は髪の傷み補修のためのオイル美容液や、ヘアケア剤などの使い方を間違えて、頭皮のベタつきがより強調されてしまっている女性も多い。ムダ毛や小鼻ケアはこまめにしている女性も「頭皮のベタつき」ケアは意外と盲点になっている。

 厚生労働省のデータ(厚生労働省 健康局「平成22年国民健康・栄養調査報告」)によると、日本人の成人男性(20歳)の平均身長は171.0cm、成人女性(20歳)の平均身長は159.5cm。こうした身長差から男女が接近すると、男性の目線は女性の頭部が見下ろせる位置になりやすい。電車の中や隣を歩いているときなど、知らず知らずのうちに女性の頭皮はチェックされているのだ。

 さらに25~39歳の女性150名にも他人の「頭皮のベタつき」が気になることがあるか聞いてみたところ、約7割が「ある」と回答。「職場にロングヘアーの女性がいて、いつも髪の毛がベタついていて、ニオイもする」「友人が夏場に帽子をとった時、髪の毛がベタついてペタンコだった」といった声が。

 同じ質問を男性にすると、「お店で接客された店員の頭皮がベタついてて嫌だった」「電車の中で髪の毛がベタついてる人がいて、気持ち悪いと感じた」という回答も。その一方で、女性に自分の「頭皮のベタつき対策をしているか」という質問に、「している」と回答したのは50.0%とわずか半数だった。

「頭皮のベタつき」の原因と「頭皮ケア」のポイントについて、多数の化粧品研究者や医師、女性誌読者に取材した経験を持つ美容ジャーナリストの木更容子さんはこう語る。

「オシャレは“ヘアスタイルで決まる”といってもいいほど、髪の毛は重要です。トレンドのふんわりと空気感のある無造作ヘアなどでも、頭皮がベタついたり、髪がペッタリしたりしていると、一気に残念な雰囲気に。年齢を重ねるにつれて、髪のボリュームやハリコシが失われてきたと感じる人は、頭皮のベタつきで髪がますますペタンコに見えてしまうので、絶対に防ぎましょう。

 頭皮のベタつきを気している女性に限って、朝も夜もシャンプーをするなど、過度な清潔志向が見られがち。頭皮を洗いすぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまい、その結果、皮脂が過剰に分泌されてベタつきの原因になることがあります。また、脱脂力の強いシャンプー・コンディショナーも同様で、人によっては頭皮の乾燥や、過剰な皮脂の分泌につながる可能性があります。その他、成分がリッチなトリートメントのすすぎ残しも、ひとつの要因に。もちろん“洗わなさすぎ”も、ベタつきの原因になります。

 まずは、日頃のシャンプーの回数が多すぎないか、少なすぎないかを振り返ってみること。シャンプー選びでは、脱脂力の強すぎるものはなるべく避けるようにし、成分などをしっかり確認して、“不要な皮脂のみを取り除き、必要な潤いは残すシャンプー”を選ぶことが大切です」(木更さん)



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング