森元首相 ラグビー未経験政治家の「ノーサイド」発言に異議

NEWSポストセブン / 2012年11月26日 7時0分

 森喜朗・元首相(75)は、43年に及ぶ国会議員生活を終える前日、本誌の取材を受けた。彼が熱望したテーマは、「ラグビー」である。日本ラグビー協会会長として思う存分ラグビー愛を語り始めたと思いきや、いつの間にかラグビーを喩えに政治にも広がった。プロインタビュアーの吉田豪氏が切り込んだ。

――ラグビーって、戦った者とわかり合える部分っていうのはあるわけですか?

森:80分ガーンとやるうち、不意に何発か手が顔に当たったりすると、そりゃあ、あの野郎、終わったら一発やってやろうとは思うさ。

――思いますよね、普通。

森:でも、それをやってたら乱闘がとめどなく続くから、終わったら必ずシャワーを浴びて全部集まって、アフターマッチファンクションっていうのをやるわけよ。両チームともまずビールで乾杯。それで、みんな仲良く一緒に歌を歌って相手を称えて、これをノーサイドというんだよ。

――なるほど!

森:そうすると、さっき殴ってやろうと思ったのは消えるんだね。だから、野田(佳彦主首相)さんが「ノーサイドにしよう」って言ったよね。こないだ安倍(晋三・自民党総裁)君も言ったかな? それから菅(直人元首相)さんも鳩山(由紀夫元首相)さんも言ったかな。ふざけるなと(キッパリ)。ラグビーをしたこともないヤツが。

――本当のノーサイドがわかってんのかって(笑)。

森:ノーサイドっていうのは、相手を尊敬するの。相手に敬意を表することなんですよ。だから、相手をこの野郎と憎々しく思ってるときは、ノーサイドなんて使ってもらいたくないね。

――酒を酌み交わして相手と仲良くできるのかっていうことですね。

森:そういうこと!

――嫌いなマスコミとも、ラグビーをやったら仲良くなれそうな気がしますね。

森:ハハハハ! そしたらシメてやるけどね(笑)。

※週刊ポスト2012年12月7日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング