94歳夫が82歳妻を老老介護 周囲の支援で11年間介護継続中

NEWSポストセブン / 2012年11月27日 16時1分

 ベストセラー『がんばらない』の著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏は、チェルノブイリの子供たちへの医療支援などに取り組むとともに、震災後は被災地をサポートする活動を行っている。そんな鎌田氏が、老老介護をしている奇跡の94歳を紹介する。

 * * *
 82歳の奥さんの介護をしている94歳のおじいちゃんがいる。男性らしい力強い介護で、気合が入っている。

「まず朝ごはんを食べさせて、ここにやってきました。ここでカマタ先生の話を聞いて、キノコ汁を食べて元気をつけて、また家に帰って、奥さんにプリンを食べさせなきゃ」と張り切っている。僕から見ると、まさに奇跡の94歳だ。

 おじいちゃんが倒れないように、奥さんの介護計画が作られている。週に1回はデイサービスを利用する。奥さんをデイサービスに預けている間に、おじいちゃんの1週間分の疲れをとれるようにとの配慮がある。

 おじいちゃんはこの日に、仲間とゲートボールをして、日帰り温泉に行く。見事に自分のリラックス時間を作り出しているのだ。

 介護をしている人は、こういう大事な1日を、日ごろの疲労蓄積のためについつい、家に閉じこもって過ごしてしまいがちだ。ところが、それだとかえって気持ちがうつうつとなってしまう。昼寝を取り入れながら体を休める。しかし、けっして閉じこもらないほうがいい。

 日帰り温泉に行くのは、すごくいい。副交感神経を刺激するからだ。介護をしていると、交感神経が強く働き、イライラし、血管を収縮させ、循環が悪くなる。そして、血圧が上がる。介護している人が脳卒中になりやすいのも、これが原因だ。

 だからときどき、副交感神経が働く時間が必要になってくる。副交感神経が働くと血管が拡張し、血圧が下がって、免疫機能が上がり、リンパ球も増えるから、風邪をひかなくなるのである。副交感神経を有効に刺激するのは、少しぬるめのお風呂に入るのが、もっとも簡単で有効な手段である。

 この94歳、なかなかの強者だ。ゲートボールは、人間の闘うという本能を刺激する。試合で「よし勝ってやろう」というファイティングスピリットが、人間を若々しく保ってくれる。アドレナリンをバーンと分泌することは大事だ。

 もしかすると、奥さんの介護があるから、おじいちゃんは元気でいられるのかもしれない。なんと、ひと晩に3回も奥さんを抱えてトイレに連れていくのだという。頭が下がる。

 僕たちができることは、おじいちゃんが倒れないようにすること。ケアマネージャーや地域の人々、施設の関係者が、つねに細かく心配りをしている。おじいちゃんに疲れの気配が見えると、すぐにおばあちゃんを2週間ほどショートステイで預かる。こうやって周囲の人々と連携しながら、94歳の介護は、11年もの間続いている。

※週刊ポスト2012年12月7日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング