常時和服着用妻 「草履を履いてると女としての機能高まる」

NEWSポストセブン / 2012年11月28日 16時1分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、飲料メーカー勤務のご主人(53歳)。奥様(52歳)は女友達のお花屋さんを手伝っていて、健康法は「草履で歩く」です。

 * * *
 花屋までは歩いて30分、自転車だと10分です。これまでは自転車だった女房が「私、草履で通勤するわ」といい出しました。なんでも、店の顧客でいつも和服姿の奥さんに「草履だと、両足の親指と人差し指の間を鼻緒が刺激して血行がよくなり、女としての機能も高まるんです。ご主人にも喜んでもらえますわよ」と教えられたらしいんです。

「足元なんか誰も見ないから、これでいいわ」と、カーディガン、スカートに足袋、草履を履き、「毎日これで歩いて、あなたをヒーヒーいわせてあげるから楽しみにしててね!」と、投げキッスで出かけた女房。僕がオフィスから戻ると、「草履って慣れないとダメね! 歩きづらくて、結局、行き帰り、タクシーにしちゃったわ」。

 次の日の朝は玄関を出た途端、舞い戻ってきて「隣のバァさんって、前々から『人の足元を見る嫌な人』って思ってたけど、私の草履姿を見て『アッ!』っていうのよ」。

「足元」の意味は違うと思うけど、それで?

「『慌て者ね、履き間違えてますよ』っていわれたの。しょうがないから、靴を履いて自転車で行くわ」

 元々期待してなかったけど、これじゃヒーヒーいわせてくれる日が来るのは期待できません。

※週刊ポスト2012年12月7日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング