中日野球帽のCDマーク 頻繁にモデルチェンジした理由

NEWSポストセブン / 2020年6月18日 16時5分

おなじみの「CDマーク」にも歴史あり

 身売りをしたわけでもないのに、野球帽のデザインが頻繁に変わる球団がある。約700点に上る野球帽の歴史を解説した『野球帽大図鑑』(著/綱島理友、イラスト/イワヰマサタカ。朝日新聞出版刊)から、中日ドラゴンズの野球帽CDマークの変遷をたどる。

 親会社の中日新聞は、戦時下の統制令で新愛知と名古屋新聞が合併してできた会社である。実はこの経緯は今もドラゴンズのオーナー職に引き継がれていて、代々、新愛知と名古屋新聞の創業家が数年おきにオーナーを務めている。

 ドラゴンズがCとDを組み合わせた帽子マークを採用したのは1960年。このときの帽子は海老茶色だった。1962年に紺の帽子が登場しマークも変更されるが、1963年に帽子の色がライトブルーに変更、さらに1965年には紺の帽子に戻されている。頻繁なモデルチェンジはオーナー交代の影響だった。

 CDマークが落ち着くのは水原茂が監督に就任した1969年から。このマークは落合博満監督就任時に少しスマートなフォルムになって復活、現在に至っている。

※週刊ポスト2020年6月26日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング