木村拓哉が私生活明かすように Koki,とCocomiの成長が影響

NEWSポストセブン / 2020年6月28日 7時5分

モデルとして活躍するKoki,

「トトとデートに行くなら、海に行きたいです。私、ドライブ好きなので」
「私、富士急ハイランド!」
「ココとトトはそういう絶叫系の乗り物大丈夫なんですけど、私とマミーは全然ダメで~す」

 6月21日の父の日に、インスタライブを行った2人の美人姉妹。軽快なやりとりの中に登場する「トト」とは、父親・木村拓哉(47才)の愛称だ。

「長女のCocomi(19才)と次女のKoki,(17才)が、視聴者からの質問に答える形で、ざっくばらんにお父さんについて語っていました。家庭内での素の木村さんの様子が伝わってきて、視聴者にとても好評でした」(芸能関係者)

 SMAP時代は自らのプライベートを完全に“外の世界”から遮断し、妻・工藤静香(50才)との関係や子供のことについても一切明かすことがなかった木村。しかし最近では、自らインスタグラムのアカウントを開設するなど、徐々に私生活をオープンにし始めている。

「それには芸能界入りした娘2人の影響が大きいと思います。2人はとにかく両親が大好き。10代の娘たちにとってSNSは身近なもので、家族との日常を発信することに抵抗がないんでしょう。木村さんも愛する娘たちの気持ちに応えたいという思いがあるのではないでしょうか。それに2人が無事に大きく成長してくれたことで、“心の余裕”も生まれてきたのかもしれません」(テレビ局関係者)

 実際に、娘たちは木村が撮影したプライベート写真をそれぞれのインスタグラムにアップして「ありがとう、パパ」のメッセージを添えたり、「結婚相手はトトよりカッコいい人」と姉妹で誓ったことを明かすなど、揃って「トト愛」あふれる発信を続けている。

 その影響は思わぬところに。今年6月にベネッセの妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」が発表した「理想のパパランキング」で、木村が子育て19年目にして初めて10位にランクインしたのだ。

「父の日のインスタライブは自宅からの配信でしたが、その約1時間の間、静香さんは庭いじり、木村さんは外出と、気を使って“自宅には姉妹だけ”の状態にしてあげていた。おかげで2人は“リラックスしすぎでは?”と思えるくらい、奔放に木村さんのプライベートを語っていました」(前出・テレビ局関係者)

 視聴者からの《(父親に)これだけはやめてほしいこと》という質問に2人が明かしたのは、木村のお茶目な一面だった。

Koki,「いたずらっ子というより、いじめっ子の方がしっくりこない? 例えば料理していると、ここらへん(顔の近く)に顔をすごく近づけてきて、わざと視界を邪魔しようとするとか」

《お父さんに直してほしいところは?》との質問に対しては、

Cocomi「あります? たばこ?」
Koki「たばこだね。たばこやめてほしいってことだけかな」

 と、あまり聞かない木村の喫煙事情まで暴露する“気の抜けよう”。

「これまで見せてこなかったキムタクのプライベートな情報が一気に押し寄せてきて、思考が停止しましたよ。『木村家』というLINEグループを作って連絡を取り合っているという話をCocomiちゃんがしていて、そんなことまで話していいの!?って」(40代女性)

 いまの木村家に怖いものなし、といったところか。

※女性セブン2020年7月9日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング