石田純一 マスクなしでバッティングセンター、打席立たず

NEWSポストセブン / 2020年7月5日 7時5分

息子とバッティングセンターへ

 東京都の新型コロナ感染者が60人に達し、“第2波”の声も聞こえ始めた6月末の日曜日、都内のバッティングセンターに1組の親子の姿があった。

「石田純一さん(66才)が、長男の理汰郎くん(7才)を連れてきていたんです。お客さんに話しかけられると、笑顔で応えていました。すっかり元気そうで、安心しました。でも、ここでもマスクはしていなかったなぁ(苦笑)」(居合わせた客)

 4月、緊急事態宣言下に沖縄県のゴルフ場で体調を崩し、帰京後にコロナ感染が発覚。自覚のなさがバッシングの的になったにもかかわらず、回復後の“快気祝い”ではマスクを外して酩酊。こうした“失態”続きが影響したのか、冠番組も降板となった。

「奥さんの理子さん(44才)に厳しく叱られたのはもちろん、お義父さんの東尾修さん(70才)にも“お前のせいで肩身が狭い”と絞られて、さすがに反省しきりのようです」(石田の知人)

 この日、息子を連れてバッティングセンターを訪れたのは、禊の「家族サービス」だったのかもしれない。

 理汰郎くんは野球センス抜群で、将来有望との声もある。石田も野球経験者で、高校時代はエースで4番。当然、息子にアドバイスを送るのだろうと思いきや…。

「石田さんは理汰郎くんがバッティングしている最中、店内に設置されたテレビの前で、腕組みをしたままプロ野球中継に見入っていました。理汰郎くんも石田さんのことはまったく気にせず、熱心にボールを打っていました」(前出・居合わせた客)

“親子鷹”という言葉があるように、自分と同じ道に進んだ子供を親が指導するのは、スポーツの世界ではよくある話。だが、石田は“教えたい気持ち”をグッと抑えているという。そして、石田がバッターボックスに立つことはなかった。

「石田さんは東尾さんから、“野球選手としては2流、3流なんだから教えたらダメ”と忠告されたことがあるんです。東尾さんは元プロ野球選手でスーパースターでしたから、当然反論できない。以来、野球について口出しするのをがまんしているようです」(前出・石田の知人)

 まずは、家族の信頼回復に努めている石田だった。

※女性セブン2020年7月16日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング