綾瀬はるかと恋人ノ・ミヌの試練 「国と国の問題が怖い」

NEWSポストセブン / 2020年7月11日 7時5分

極秘交際が明らかになった綾瀬はるか(写真/アフロ)

 結婚を見据えた2年間の極秘熱愛が明らかになった綾瀬はるか(35才)と韓流タレント、ノ・ミヌ(34才)。

 ミヌのマネジメントを手がけるミヌの母親は、「私生活については私の口から話すべきところではないので」と本誌・女性セブンの取材に言葉を濁したものの、後に「事実ではない」と否定に転じた。綾瀬の所属事務所も「事実無根です。1年半以上お会いしていません」と改めて否定した。

 しかし、ミヌの知人の1人は「少なくとも、昨年3月下旬頃には綾瀬さんの誕生日に合わせるようにファッション関連の仕事で来日をして、ミヌの事務所近くで綾瀬さんとディナーを一緒にしている」と語っている。ふたりの出会いは、4年以上前で、共通の知人である日本の音楽関係者がつないだという。
 
 綾瀬は沈黙を貫いている。ミヌも女性セブンの報道後はインスタグラムに《何も心配しないでください》と意味深な投稿をしただけ。しかしミヌは、胸に秘めた思いを密かに吐露していた。

「ネットで熱愛の速報記事が配信され、『女性セブン』が翌日に発売される7月1日、有料会員向けのファンサイトにミヌからのメッセージがあったんです」

 と語るのは、長年のファンの1人だ。

「『うーん、みんな心配してるのかなーと思ってきました』『韓国と日本 日本と韓国。いい関係になってみんなHAPPYになってほしいなっておもってるよ。。韓国人だからって悪い話書く方もよくいるしね』と書いていて、綾瀬さんとのことだとピンときました。その2日後には『2キロやせちゃった。。』とも書いていて、心配になりました」

 何がミヌをそこまで悩ませているのだろうか。

◆国と国の問題が怖い

 ニュースが海を渡るのは早かった。『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)など、綾瀬の主演ドラマも多く放送されてきた韓国では、人気女優の綾瀬とミヌの交際を祝福する声が多かった。その一方で、綾瀬を個人攻撃する記事も散見されたのだ。

 韓国三大テレビ局の1つであるMBCが運営するネットメディア『iMBC』は、本誌記事を引用し、綾瀬の簡単なプロフィールを紹介した上で、《綾瀬はるかは2005年と2010年にTBS系で製作された右翼志向のドキュメンタリーにたびたび出演している。また、綾瀬が出ている作品のうち、映画『戦国自衛隊1549』、ドラマ『南極大陸』など、韓国国内では敏感な事案とされる日本の間違いを美化する内容を盛り込んでいる》としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング